【がっちりマンデー】たたいて作る山田式中華鍋!丈夫で軽い!

鉄鍋、フライパン

2017年7月30日放送の「がっちりマンデー」は
「○○式ビジネス」山田式から小野式まで
開発者の名前が! 」

その中の山田式中華鍋について紹介!

スポンサードリンク

有限会社山田工業所の山田式中華鍋

神奈川県横浜市金沢区にある工業団地。

山田式中華鍋は
山田豊明社長が率いる山田工業所は
昭和32年から中華鍋を専門に作っている会社です。

実は山田式中華鍋は
お客様が自然とつけてくれた名前。

なので自社で制作したパンフレットには
山田式とは書いていません。

一般的に中華鍋の製造で多いのは
1枚の金属板を金型で押すプレス式。

しかし、山田式中華鍋は打ち出し式と言って
平らな板から1枚ずつ叩いて湾曲を作ります。

なので鍋肌に跡がしっかりと残ります。

スポンサードリンク

山田式中華鍋の製造現場とは?
工場には巨大な機械がたくさん置かれています。

まずは鉄板を型でくり抜き、
大きな台にセッティング。
すると台が回り始め
ハンマーのようなモノがトントントンと上下し
鉄板を打ち付け始めました。
本当に叩いて作っています。

1枚あたり叩く回数は4,000~5,000回。
40分間に約5,000回。
大量に麺をゆでる大型中華鍋になると
なんと叩く回数は1万回。

打ち続ける力加減や位置を
職人が手作業で調節していきます。
機械を使っているとはいえ
繊細な作業です。

でもなんでわざわざ叩くのか?

叩くことで強度も保たれます。
コンコンコンと何回もハンマーで鉄を叩くことで
鉄の中の空気が抜けて密度が凝縮され
硬く強くなるとのこと。

強くなるので鉄の厚みも薄くて済み
プレスの鍋より軽くなります。
その軽さも特徴なのです。

プレス式と山田式、
同じ大きさのもので比較すると
山田式中華鍋の方が115gも軽い。

強いから長持ちする
→薄いから火が通りやすい
→軽いから鍋が振りやすい。
ガンガン叩いて作る山田式中華鍋は
良いことがいっぱい!

横浜中華街でも使われている

ということは料理人たちの間でも大人気!
横浜中華街のほとんどのお店で
山田式中華鍋が使われているといいます。

景珍楼で使われる中華鍋は
全て山田式中華鍋。

料理長の鈴木誠さんは、
中華料理屋さんは火との勝負。
強い火力でササっと短い時間で仕上げる
中華料理の現場では
山田式中華鍋が欠かせないといいます。

さらに叩きなので油も均等にいく。
大きな機械で叩いてできる凹凸も重要。
鍋に油をひくと凹凸に油が溜まって
鍋全体に均等に広がるといいます。


オーダーメイドも

そして山田工業所には自分だけの鍋を求めて
料理人たちからオーダーが殺到!

油をサッと通す海鮮メニューが多い広東料理のシェフは浅め、
香辛料を多く入れて煮込みが多い四川料理のシェフは深め
とこだわりがあります。

そんな注文にもちゃんと応えてくれます。

一般用とプロ用合わせて毎日300個の中華鍋を製造。

社長によると叩いて中華鍋を作っているのは、
おそらく全国でも山田工業所だけとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ