【あさイチ】簡単!3スパイスカレーのレシピ!by水野仁輔

コレだけカレー

2017年8月1日放送の「あさイチ」で「スゴ技Q 夏だから!
お役立ちワザスペシャル」。


ここではカレー研究家の水野仁輔さんの
スパイシーカレーの作り方の紹介!

スポンサードリンク

3スパイスカレーを作るポイント

おなじみの市販のカレールーやカレー粉には
20~30種類以上のスパイスがブレンドされています。

多くのスパイスを使うことで深い味わいになっています。

カレー研究家の水野仁輔さんによると
三種類のスパイスを使うことで、
初心者でも失敗なく、本格的なスパイスカレーを
作ることがでるといいます。

その三種類とは
「ターメリック」
「カイエンヌペッパー」
「コリアンダー」

水野さんは、この三種類のスパイスを
「スパイス“三種の神器”」と呼んでいます。

ターメリック→食欲をそそる色合い

カイエンヌペッパー→強い辛みが特徴

コリアンダー→カレー独特の香りを高める、
ちなみにコリアンダーはパクチーの種をすりつぶしたもの

失敗なくスパイスカレーを
作るためのポイント。

【①スパイスを入れる割合】 

【黄金比率】
ターメリック:カイエンヌペッパー:コリアンダー
1:1:6



【カイエンヌペッパー】

スポンサードリンク

【コリアンダー】



この比率にすると色、辛味、香りのバランスが
一番良いそうです。

【②スパイスを入れるタイミング】 
野菜をすべて炒めたあとでスパイスを入れます。

早めに入れるとスパイスが焦げてしまったり、
遅く入れるとスパイスがなじまず
粉っぽく感じてしまったりしてしまいます。



3スパイスカレーのレシピ

【3スパイスカレーのレシピ】

『作り方』(3~4皿分)
鶏もも肉(ひと口大に切る)→400g

たまねぎ(粗みじんに切る)→1個(200g)

塩→小さじ2分の1

(A)
水→50~60ml
にんにく(すりおろす)→小さじ2(20g)
しょうが(すりおろす)→小さじ2(20g)
トマトの水煮(カットタイプ/缶詰)→200g

(B)
ターメリック→小さじ1
カイエンヌペッパー→小さじ1
コリアンダー→大さじ2


水→400ml
(C)


砂糖→小さじ1
しょうゆ→大さじ2


サラダ油→大さじ3

『作り方』
1.鍋にサラダ油を熱し、
たまねぎと塩(半量)を加え強火で炒める。
※水分をしっかり飛ばしたいので
あまりかき混ぜない。

2.全体的に、たまねぎのふちがこんがりと色づいたら、
あらかじめ混ぜ合わせておいたAを加え、
表面に油の照りがでるまで炒める。

3.トマトの水煮を加え、さらに水分が飛ぶまで炒める。

4.木べらでフライパンの底をこすったとき、
底が見え(カレーロード)、
全体がすぐに動かないようになったら
スパイスを入れるタイミング。

Bのスパイスと残りの塩を加え、
ねっとりとするまで約1分間炒める。

5.鶏肉を加え、表面が白くなるまで炒めたら
水を加える。

水は半量ずつ2回に分けて入れ、
1度目に入れた水が煮立ってから、
残り半量の水を加える。

6.再び煮立ったら、C(砂糖としょう油)を加え
弱火で約30分間煮込む。

7.表面にオレンジ色の油が浮かんだらできあがり!

※このスパイスの黄金比率は、
カレー以外にもからあげや焼き魚、豚汁、
そうめんやインスタントラーメンなどにも
あうそうです。



夏だから!お役立ちワザスペシャルの記事↓

【あさイチ】簡単!3スパイスカレーのレシピ!by水野仁輔

【あさイチ】ハッカ油でさわやかボディーパウダー&おしぼりの作り方!

【あさイチ】アボカドシロップのかき氷&スパイシーかき氷のレシピ

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ