【林修の今でしょ】肝臓若返りレシピ!ブロッコリースプラウトとさくらえびのマリネ

今でしょ講座のマリネ

2017年8月1日放送の「林修の今でしょ!講座」の中の
「猛暑で弱った臓器を若返り!5つの栄養素徹底解明SP 」


その中の肝臓を若返らせる食材やレシピを紹介!

スポンサードリンク

肝臓を若返らせる栄養素

猛暑で髪・肝臓・血管などの臓器が
弱ってしまう。

そこで弱った臓器を若返らせる栄養素やレシピを
東大ママドクターこと伊藤明子先生に
教えてもらいます。

夏に肝臓が弱る原因の一つは肥満。

夏は気温が高く、体は熱を作る必要がないため、
代謝が下がってしまいます。

そんなときに暴飲暴食をすると内臓脂肪がたまりやすく
肝臓が弱くなる原因に。

【問題「肝臓を若返らせる栄養素がより多い食材は?」】

A.ブロッコリースプラウト
B.パクチー



正解は「A.ブロッコリースプラウト」

ブロッコリースプラウトには
肝臓の炎症を抑えるスルフォラファンという成分が
含まれていて、肝臓の炎症を抑える力が強い。

ブロッコリースプラウト1パックを
週に3回、生で食べるのがオススメ。

他にもキャベツ、大根にも多く含まれます。
暑い今の時期なら大根おろしもおすすめ。



スポンサードリンク



【問題「肝臓を若返らせる栄養素がより多い食材は?」】
A.さくらえび、B.しらす


正解は「さくらえび」。

さくらえびには肝臓の炎症を抑える
アスタキサンチンが豊富に含まれています。

アスタキサンチンの色素は「赤」
赤色がポイントで
鮭やカニなどにもたっぷり含まれています。

さくらえびはさらにカルシウムの量は
牛乳の約18倍も含まれます。

ゆでたものより干した方が栄養素が濃縮されるので
干した桜えびの方が約3倍のカルシウムが入っています。



肝臓の若返り最強レシピ

今でしょ講座のマリネ

【ブロッコリースプラウトとさくらえびのマリネ】

1分でできる!超簡単マリネ

『材料』
ブロッコリースプラウト
さくらえび
レモン汁
オリーブオイル
こしょう

『作り方』
1.ボウルにブロッコリースプラウトと
さくらえびを加える。
 
2.①にレモン汁をかける

3.オリーブオイル、こしょうをかけて
軽く和えればできあがり!
※オリーブオイルの代わりにあまに油でも可

※塩を使っていないのもポイント



♪————————-♪
肝臓を若返らせる栄養素
スルフォラファン+アスタキサンチン
ブロッコリースプラウト・さくらえび
肝臓の炎症を防いでくれる
♪————————-♪


この日の臓器若返りの記事↓
【林修の今でしょ講座】血管若返りレシピ!トマト風アクアパッツァ

【林修の今でしょ講座】髪の毛若返りレシピ!なんちゃって豚の角煮のレシピ

【林修の今でしょ】肝臓若返りレシピ!ブロッコリースプラウトとさくらえびのマリネ

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ