【あさイチ】水塩で浅漬け&和風コールスロー&豚肉の炒めものレシピ!by野永喜三夫

漬け物

2017年8月2日放送の「あさイチ」は
「スゴ技Q 自由研究にも!塩 徹底使いこなし術」。

毎日の料理に欠かせない調味料の塩。

ここではの野永喜三夫さんの
浅漬け&和風コールスロー&
豚肉の炒めものレシピを紹介!

スポンサードリンク

水塩の作り方

日本料理店三代目の野永喜三夫さんに
水塩の作り方を教えてもらいます。

水塩を使うと素材の甘みとうまみが
引き立つ浅漬けができます。

また、豚肉を炒めるときに使っても、
肉本来の甘みを感じられる、
ふんわりジューシーな仕上がりになります。

【水塩のレシピ】

『材料』
水→500ml
塩→25g

『作り方』
1.鍋に水と塩を入れ、火にかける。
濃度は海水より少し濃い5%。
火を入れると雑味がなくなりまろやかになるとのこと。

2.ひと煮立ちし、塩が完全に溶けたらできあがり!

清潔な保存容器に入れ、
冷蔵庫でおよそ1~2週間保存できます。

※水塩は江戸時代からあるという日本料理の
伝統的な調味料。

おひたしやお吸い物など
さまざまな料理の味付けに使っているそうです。

水塩をスプレーに入れ替えて、
スプレーに入れてサラダにふきかけたり、
スイカにかけたりするのもおススメとのことです。



水塩を使ったレシピ

塩より、液体にしたほうが早く、
全体に均等に味が入ります

【きゅうりの塩もみ浅漬けのレシピ】

『材料』
きゅうり→80g
水塩→大さじ1

『作り方』
きゅうり→160g
水塩→大さじ2

『作り方』
1.きゅうりは、1ミリ幅の輪切りにする。

2.密閉袋に①と水塩を入れ、
1分間、軽く混ぜる。

3.空気を抜くようにして袋の端を丸めながら口を閉じ、
冷蔵庫に入れる。
※冷蔵庫に入れるときは、きゅうり全体が
水塩に漬かるように、平らにならして置いておく。

3.2時間後には、浅漬けができあがりますが、
野永さんのオススメの漬かり具合は、6時間後。
少し透明になったぐらいが目安。


スポンサードリンク



【和風コールスローのレシピ】

『材料』
キャベツ→320g
塩水→大さじ4
酢→大さじ1
サラダ油→大さじ1

『作り方』
1.キャベツはざく切りにして
ジッパー付きの保存袋に入れ、塩水を加える。

2.2時間ほど冷蔵庫に入れて漬け込む。

3.②を取り出し、酢とサラダ油を袋に加えて
全体になじませたらできあがり!



【油要らずでジューシー!豚肉の炒めもの】

『材料』
豚バラ肉(薄切り)→200g
水塩→大さじ1

『作り方』
1.豚肉は、食べやすい長さに切る。

2.冷たいフライパンに、豚肉と水塩を入れる。
肉をほぐしながら水塩を肉全体によくなじませる。

3.豚肉が水塩をすべて吸ったら、火をつける。

4.中火にし、豚肉から出た脂が、
濁った色から透明な色に変わり
全体に火が通ったらできあがり!



塩使いこなし術のレシピ↓
【あさイチ】塩使いこなし術!魚のマリネのレシピby目黒浩太朗

【あさイチ】塩使いこなし術!牛肉&ポークソテー&チキンソテーのレシピ

【あさイチ】塩使いこなし術!ほうれん草の炒め物のレシピ!by中川優

【あさイチ】塩使いこなし術!浅漬け&和風コールスローのレシピ!by野永喜三夫

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ