【あさイチ】塩使いこなし術!魚のマリネのレシピby目黒浩太朗

回転寿司

2017年8月2日放送の「あさイチ」は
「スゴ技Q 自由研究にも!塩 徹底使いこなし術」。

ここでは魚のマリネのレシピを紹介!

スポンサードリンク

魚介のマリネのレシピ

フランス料理店の目黒浩太朗さんに
普通のお刺身を使って極上の魚介のマリネに
ワンランクアップさせる技を紹介していただきます。

目黒浩太郎さんがオススメするのは、
刺身を塩で漬けて「魚のマリネ」にすること。

そしてさらにおいしくするポイントは、
塩に砂糖を混ぜること。

塩だけで脱水しようとすると、
しょっぱくなりすぎてしまいます。

そこで、やはり脱水効果のある砂糖を混ぜることによって、
ちょうどいい塩加減を保ったまま、
ほどよく刺身の水分を抜くことができます。



【魚介のマリネのレシピ】

『材料』
刺身(サーモン・鯛などの白身魚)→適量
※サク状のものでも、そぎ切りのものでも
どちらでもよい。

塩→刺身の重さの1.5%の重量

砂糖→塩の重さの1/4の量

レモンの皮→適量

黒こしょう(粗びき)→適量

オリーブ油→お好みで


スポンサードリンク



『作り方』
1.塩と砂糖は、混ぜ合わせておく。

2.バットに、①の半量を振り、その上に刺身をのせる。
さらに、残りを刺身の上からかける。
※ムチッとした食感を生み出すためには、
塩と砂糖で刺し身の水分をしっかり抜くことが大切。

3.黒こしょうをふり、レモンの皮をのせ、
ラップを魚に密着させるようにする。

4.冷蔵庫に30分間入れる。
紙タオルで、出てきた水分を拭き取る。

5.サク状の場合、食べやすい厚さに切り、
お好みでオリーブ油をかけてできあがり!


※マリネ(魚だけ)で食べる場合は塩の量は1.5%

※オードブルとしてフランスパンにのせたりなど
ほかのものといっしょに食べる場合は少し濃くして
塩の量は2%がおすすめとのこと。


サラダや冷製パスタなどとあわせても
おいしいそうです。



塩使いこなし術のレシピ↓
【あさイチ】塩使いこなし術!魚のマリネのレシピby目黒浩太朗

【あさイチ】塩使いこなし術!牛肉&ポークソテー&チキンソテーのレシピ

【あさイチ】塩使いこなし術!ほうれん草の炒め物のレシピ!by中川優

【あさイチ】塩使いこなし術!浅漬け&和風コールスローのレシピ!by野永喜三夫

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ