【世界一受けたい授業】口内崩壊が危ない!唾液腺マッサージで歯の健康を守る

口・歯・口臭

2017年8月5日放送の「世界一受けたい授業」は
「今、日本が危ない!私たちに迫る15の危険スペシャル」

ここでは第8位の口内崩壊について紹介!

スポンサードリンク

口腔崩壊とは?

口腔崩壊が最も深刻化しているのが10代の若者。

最新の調査では大阪府・兵庫県の小中高等学校などでは
検診で虫歯と診断されても病院に行かない子が
65%もいるそうです。

しかし、虫歯菌を甘く見てはいけません。

池波志乃さんは、19年前に虫歯菌が顎の骨にまで
到達し炎症を起こしていました。
11時間もの施術でようやく痛みから開放されたそうです。

歯の健康を守るために重要なのは唾液です。
唾液には口の中を浄化・抗菌する作用があります。

簡単にできるのが唾液腺マッサージです。

唾液腺は3つあります。
耳の下、あごの下、舌の付け根の3か所を
刺激することで唾液が分泌されるとのこと、


唾液腺マッサージのやり方

唾液腺マッサージのやり方

マッサージをすると
口の周りの筋肉の緊張がほぐれ
唾液が出やすくなります。


【耳下腺(耳の下)マッサージ】
耳の前に手のひらを置いて、強すぎない力で
円を描くようにゆっくり回す。

スポンサードリンク

手のひらでほっぺたを温めるイメージで。

これを10回おこないます。
【顎下腺(がっかせん)(あごの下)マッサージ】 

四本の指を使ってあごの下から上に向かって
マッサージをする。

これを10回行ないます。


【舌下腺マッサージ】

あごの下の所を親指で上に押し上げるような
イメージでゆっくりと揉む

これを10回行います。



唾液は口の中を殺菌するだけでなく
初期の虫歯なら修復する作用もあります。

これら3種類を1セットとし、1日2回
唾液が出にくい起床時と寝る前に行うのが効果的とのことです。



日本が危ない!私たちに迫る15の危険の記事↓
【世界一受けたい授業】今、日本が危ない!私たちに迫る15の危険!まとめ

【世界一受けたい授業】座りすぎの血流改善トレーニング「こそトレ」のやり方!(1位)

【世界一受けたい授業】夏太り予防の豚の生姜焼き&キウイのレシピ!(3位)

【世界一受けたい授業】口内崩壊が危ない!唾液腺マッサージで歯の健康を守る(8位)

【世界一受けたい授業】フランス式冷蔵庫収納術!ドレッシングのレシピも(11位)

【世界一受けたい授業】夏の睡眠不足を防ぐ方法!(12位)

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ