【所さんお届けモノです】東京駅のおみやげ!プレスバターサンド!レンガのお菓子ほか

おみやげ

2017年8月6日放送の「所さんお届けモノです」は
「お盆直前!絶対に喜ばれる東京駅のおみやげBOX」。

プレスバターサンド、レンガのお菓子、
みたらし豆、松露サンドを紹介!

スポンサードリンク

お盆直前!絶対に喜ばれる東京駅のおみやげBOX

本日のは箱テーマは
「お盆直前!絶対に喜ばれる東京駅のおみやげBOX」。

2万種類もある“東京のお土産”から厳選!



【プレスバターサンド「バターサンド」】

丸の内南改札の前にある「プレスバターサンド」は
4月にオープンしてから連日大行列で最大1時間待ち。

「バターサンド」はフレッシュバタークリームと
キャラメルがクッキー生地の中に入っていて
焼き立ても販売しています。



【ベルン「レンガのお菓子」】

最初の箱を送ってくれたのは
これまで1万日以上東京駅に通った達人、
東京駅フォトグラファーの佐々木直樹さん。

40年間東京駅を撮影してきた佐々木さんは
写真集などを出版。

佐々木さんが送ったのは
東京駅地下のグランスタにある
日本初のチョコレートがけミルフィーユを製造した
「ベルン」のおみやげ。

東京駅開業100周年を記念して3年前から販売されています。

重要文化財 東京駅の赤レンガと同じ大きさのケーキ。

「これぞ東京駅というおみやげ」といいます。
買えるのは東京駅だけだとのこと。

「レンガのお菓子」を試食して
「ナッツがいいね」「上品な味」などのコメント。

ベルン広報担当によると
食感もレンガの雰囲気に似せるため
あえて硬めにして少しパサついた感じにいるそうです。



【まめや金澤萬久「豆箱入りみらたし豆」】

『世界に一つ、東京駅の風景も楽しめる和菓子!』

続いての箱を送ってくれたのも佐々木直樹さん。

銀の鈴の近くの「まめや金澤萬久」。
石川県金沢市に本店があり、
金箔をほどこした「金のかすてら」などが人気。

佐々木さんのおすすめは
「このおみやげは目で見ても楽しめる」と
いう「豆箱入りみらたし豆」

石川県産の有機大豆を使用。

試食して「おいしい」「ポリポリすすむ」などとコメント。

東京駅が描かれている豆箱は東京駅限定販売。

九谷焼の絵付け師が1枚1枚手描きをしています。
絵柄は12種類あり、季節によって変えているそうです。

事前注文216円でメッセージも入れられるそうです。


【つきぢ松露「松露サンド」】

続いての箱を送ってくれたのは
東京都港区の手みやげコンシェルジュの平原由紀子さん。

これまで1万個以上のおみやげを渡してきた
絶品グルメに詳しいおみやげの達人。

平原さんおすすめは東京駅地下グランスタにある

築地で創業71年の玉子焼き専門店
玉子き専門店「つきぢ松露」の「松露サンド」。

スタジオで試食して「おいしい」「めちゃくちゃジューシー」
などとコメント。

築地にあるつきぢ松露を取材。

毎朝4時から職人が玉子焼きを作ります。

使っている卵は黄身の旨味が濃厚な茨城県の地鶏の卵。

約10個程の卵に創業以来の秘伝のダシを加え
低温でじっくり焼きあげてぶ厚い玉子焼きを作ります。

これを3cmほどの厚さにカットしマヨネーズを塗ったパンに
挟めば玉子焼きサンドイッチの完成です。

「松露サンド」は毎日500食で
夕方までに完売してしまうほど
東京駅で大人気!

持ち帰り専用の保冷バッグに入れてくれるので
遠く離れた故郷でも安心です。


スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ