【あさイチ】そばの実レシピ!中国料理の井桁良樹さん

2017年6月27日放送の「あさイチ」は
「夢の3シェフNEO そばの実」。

ここでは中国料理の井桁良樹さんの
そばの実おこげの夏野菜あんのレシピの紹介!

スポンサードリンク

中国料理の井桁良樹さんのレシピh3>

【そばの実おこげの夏野菜あんのレシピ】

『材料』(2人分)

(そばの実おこげ)
そばの実→100g
強力粉→15g
水→20g
揚げ油→適量


豚もも肉(薄切り)→120g
塩、コショウ→少々
紹興酒→小さじ1
※紹興酒がない場合は日本酒で代用

水溶き片栗粉→小さじ2
※かたくり粉を同量の水で溶いたもの。

サラダ油→小さじ1

サラダ油→大さじ2

新ショウガ→20g
トマト→1個
鶏がらスープ→360ml
とうがん→100g
塩→小さじ1/2
こしょう→適量
紹興酒→小さじ1
水溶き片栗粉→大さじ1強
米酢→大さじ1と1/2


サラダ油→大さじ1


スポンサードリンク



『作り方』
1.新しょうがは、厚さ1ミリの薄切りにする。

トマトは、湯むきし、8等分のくし型に切る。
とうがんは、皮をむき、厚さ1ミリの薄切りにし、さっと塩ゆでする。

2.豚もも肉は、食べやすい大きさに切り、
塩・こしょう(各少々)、紹興酒(小さじ1)を入れて、手でもむ。

さらに水溶きかたくり粉、サラダ油を順に加え、それぞれ手でもむ。

3.おこげを作る
そばの実に、強力粉、水を入れ、まぜる。

4.クッキングシートを25センチ四方に切り、
③の生地を厚さ5ミリほどにひろげる。
さらに、上からクッキングシートをかぶせ、
のし棒で均一に伸ばす。これを10分ほど、置く。

5.⑤の生地の上にかぶせたクッキングシートを
ゆっくりとはがし、さらに30分ほど乾かす。

6.⑤の生地を手で8センチほどの大きさに割る。

7.揚げ油を180度に熱し、⑥の生地を入れ、
2分ほど揚げる。

8.夏野菜あんを作りる
熱した中華鍋に、サラダ油(大さじ1)を入れ、
いったん火をとめ、豚もも肉をひとつずつ並べる。

9.弱火にかけ、豚もも肉が白っぽくなってきたら、
鍋から取り出す。

10.⑨の中華鍋に、サラダ油(分量外・少々)を加え、
新しょうがを香りがたつまで中火で炒める。
トマトを加え、軽く炒めたあと、鶏ガラスープを入れ、
強火にする。

11.塩ゆでしたとうがん、塩(小さじ2分の1)、
こしょう(適量)、紹興酒(小さじ1)を加え、
弱火で1分ほど煮る。

12.⑧の豚もも肉を、⑪の中華鍋に戻し、
強火にかける。

13.水溶きかたくり粉を入れて、とろみをつける。
火を止め、米酢を入れ、ひと混ぜする。

14.耐熱の器を温め、そばの実のおこげを入れ、
熱したサラダ油(大さじ1)を入れる。
※サラダ油を入れることで、
あんをかけたときにジューという音がする。

夏野菜のあんをかければできあがり。

※おこげは3日ぐらいは保存可能とのこと。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ