【たけしの家庭の医学】糖鎖・免疫力アップにシアル酸!アナツバメの巣・ししゃも・卵・たらこ

卵を殻ごと焼く方法

2017年8月8日放送の「たけしの家庭の医学」は
「免疫力アップ&肺炎予防スペシャル」。

ここでは糖鎖を伸ばし、
免疫力がアップするシアル酸を
多く含む食材などを紹介!

スポンサードリンク

免疫力

うだるような暑さが続くこの季節、
夏バテ気味になり、夏風邪をひくことがあります。

このとき、体内では夏風邪の原因となる
肺炎球菌などが増殖しています。

通常は免疫細胞が細菌と戦い増殖を抑えるが、
加齢によって免疫機能が衰えると
夏バテや夏風邪になりやすくなります。

そんな中、最新の研究で、
弱った免疫を復活させる
有効な手立てが発見されました。

重要ワードは「細胞のアンテナ」。

人間の細胞の表面には、
産毛のようなものが生えています。
その産毛が細胞のアンテナ。

アンテナが悪化すると免疫力が弱まり、
体調不良を起こしやすい身体になります。

昭和大学医学部の相良博典先生が
細胞のアンテナについて解説してくれました。

細胞のアンテナの医学的な正式名称は「糖鎖(とうさ)」

“糖”はいくつかの種類があり、組み合わさって
砂糖やご飯(炭水化物)になっています。

糖鎖は8種類の糖がくさりのように
つながってできています。

そして、全ての表面の細胞についています。

それががん細胞やウイルス、細菌などの外敵を
免疫細胞が駆除しています。

これまでは免疫力をアップさせるためには
免疫細胞の攻撃力をあげること考えられていました。

しかし最近では糖鎖がアンテナの役割をしていて
アンテナの力を上げることが
免疫力アップになるといわれています。

細胞のアンテナが強い人、弱い人で実験をしたところ
免疫力の低下というのは
免疫細胞が外敵にあまり反応しない
ということがわかってきています。

異物を最初に発見するのがアンテナの役割。

しかし加齢によってこの細胞のアンテナは短くなり
危険に対する情報を受信しにくくなり
外敵を駆逐できにくくしてしまうのです。

糖鎖はある程度長くないと、
免疫力が保てないのです。

最近の研究では、健康な百寿者は
糖鎖が長い人が多かったとのこと。

若い人でも、ストレス・喫煙・睡眠不足などにより、
糖鎖が短くなっている場合があります。

しかし糖鎖が短くなっても、
再び長くすることができるとのこと。

長くするには、糖鎖の材料となる糖を
食事で摂ることが大事。

この糖鎖を豊富に含んでいるのが
EBN(Edible Bird’s Nest)

これは「アナツバメの巣」のこと。

日本のツバメは土や草などに
唾液を混ぜて巣を作りますが、
アナツバメは唾液だけで巣を作ります。

ツバメの巣は、中国で昔から健康増進や
不老長寿の薬として扱われていました。

相良先生によると、ツバメの巣に含まれている
シアル酸が、糖鎖を伸ばし免疫力を
アップさせる 
といいます。

シアル酸とは、細胞のアンテナを構成する糖の一種。
アンテナの先端で様々な情報を受信します。

スポンサードリンク

【アナツバメの巣】



シアル酸を多く含む食材

しかし、ツバメの巣はとても高価。

シアル酸が含まれているのは、
鳥類の唾液だけではないそうです。

那須どうぶつ王国の園長の佐藤哲也さんによると、
哺乳類も胎盤や母乳などから
シアル酸を含む免疫物質を獲得しています。

そのため、唾液だけでなく、ミルクや卵など、
親から子供へ自然に与えている栄養源の中に、
シアル酸が豊富な食材がある可能性があるとのこと。

そこでシアル酸が豊富に含まれている
可能性がある12品の食品を用意。

親から子へ与える栄養グループの
牛乳とはちみつ

卵グループの
すじこ、いくら、卵、たらこ、子持ちしししゃも

肉グループの
牛の赤み肉、豚ロース、鶏もも肉、タン、鶏皮

シアル酸研究の専門家である京都大学の
竹松弘先生の協力で、シアル酸の量を徹底分析。

調査の結果、ツバメの巣のスープに匹敵する量の、
豊富なシアル酸を含んだ食材を発見しました。

ツバメの巣のスープ1杯に含まれている
シアル酸の量は、200mg。


【ツバメの巣のスープに匹敵するシアル酸ベスト3】

第3位:たらこ1腹
180mgのシアル酸が含まれています。

第2位:鶏卵4個
227mgのシアル酸が含まれています。

第1位:子持ちししゃも2尾
197mgのシアル酸が含まれています。


2尾の子持ちシシャモでシアル酸が増えるのは
ありがたいですね。


糖鎖の栄養機能食品もあります↓



誤嚥性肺炎についてはこちら↓
【たけしの家庭の医学】誤嚥性肺炎予防に唐辛子&黒こしょう!サブスタンスP

【たけしの家庭の医学】長寿世界一の香港の血管を老けさせない理由!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ