【ごごナマ】ピカ子流の夏のおすすめメイク!練りタイプのファンデーションを使う

メイク術

2017年7月31日放送のNHK「ごごナマ」の「知っトク!らいふ 」
ピカ子の美人工房。

メイクアップアーティストの
ピカ子さんに夏のおススメメイクを教わります。

スポンサードリンク

ピカ子さん

引き算メイクの名手
メイクアップアーティスト、ピカ子

いらない工程を省いたメリハリのあるメイクで
ナチュラルな美しさを引き出します。

全国各地で開催されるメイク講座は
常に大盛況。

そのテクニックをたっぷり教えてもらいます。



ピカ子さんの”夏のおススメメイク”

以前のメイク術はこちら↓
ピカ子の時短メイク!
ピカ子のくずれにくいメイク術!
ピカ子の手軽にできるお出かけメイク!
ピカ子の若返る50代メイク!引き算メイク術


ピカ子流!夏のおススメメイク

今日のテーマは”夏のおすすめメイク”。

【ファンデーション】
夏は顔を洗ったりシャワーを浴びても
すぐ汗をかいてしまい、
いつメイクするの?という状態に。

そんなときにおすすめなのが練りファンデーション。

水を一滴も含まない、ドーランのような形状のもの。

スポンサードリンク

これは手で塗ったり、スポンジで均一にして塗るのが
難しいので、カブキブラシを使って塗ります。

このカブキブラシを使って塗ると、
よれなくて持ちがいいそうです。

汗が噴き出て、濡れ濡れの状態でも、
スライドして塗ると、
ぴたっとお肌にはりついてくれます。

ピカ子さんが使っていたものではないですが
練りタイプのファンデーション↓

汗をかきながらでも塗ってo.k。

日焼け止めの機能の入ったファンデーションも
あるとのこと。

夏だからと言ってファンデーションを薄くすると、
逆にあっという間によれが早い。

なのでしっかり持ちの良いタイプのものを、
少し厚めに塗るのがポイント。

崩れ切らないうちに、
ちょっとずつ足してメイク直しをします。
はげきらない前に早めに前に
こまめに直すようにします。


【まゆ毛】
ふつうは、ファンデーションを塗ってから、
眉毛を描きますが、夏メイクは、
ファンデーションを塗ってから眉毛を描くと、
油分の上に顔料がのることになるので、
非常に落ちやすくなるそうです。

なので素肌の状態で、眉毛を描いて、
眉毛が取れないように、少し濃い目にかいて
ファンデーションを塗っていきます。


【アイシャドウ】
アイシャドウは、
肌色のような色を使います。

色を付けると言うよりは、
まぶたと言う皮膚パーツに
重力に打ち勝っているように見せます。

最後にマスカラとリップをサッとと足せばできあがり!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ