【ヒルナンデス】寺田心くんの逆上がりができるようになるトレーニング大公開!

鉄棒

2017年8月10日放送の「ヒルナンデス 」の「ヒル活」
夏休み特別企画!「寺田心の逆上がりができるようになりたい!」

3つのポイントで逆上がりができるようになる?
トレーニング大公開!

 

スポンサードリンク

逆上がりができるようになりたい寺田心くん

小学三年生の寺田心くん。
苦手な逆上がりができるようになりたいといいます。

鈴木梨央ちゃんと、八木真澄さん、小島瑠璃子さんも参加。

新豊洲 Brillia ランニングスタジアムへ。
指導するのは伊藤俊一先生。

新体操の選手として国体などで活躍しました。

これまでに1000人以上の子供の逆上がりを
成功させてきたスゴ腕の先生。

現在の実力

ちなみに鉄棒の高さはみぞおちからへその間がベスト。
まずは梨央ちゃんから。小島瑠璃子さんも、できた。八木さんも成功。

心くん逆上がりをしてもらいましたが失敗。失敗。

逆上がりには、
回転感覚
蹴り上げ脚
引きつける腕力
が必要だとのこと。

心クンは腕が伸び切ってしまい
引きつける腕力が足りない。

お家でもできるトレーニング方法を大公開

逆上がりに必要なのは、
①回転感覚
②蹴り上げ脚
③引きつける腕力。

【回転感覚を養う】
そこで回転感覚を養うために、
伊藤先生の元でマット運動に挑戦。

逆上がりが苦手な子の理由の一つに、
後ろまわりへの恐怖心があります。

そこで有効なのがマットでの後ろまわり。

ポイントは背中を丸めること。
この時おへそを見るようにすると
より背中が丸くなります。

そして両手をついて後転します。
繰り返し行い、回転感覚を養います。


【蹴り上げ脚】
2つめのポイントは蹴り上げ脚。

仰向けでテーブルのような姿勢から
蹴り上げます。

2回キックします。

頭の上を蹴るイメージを持つことが大切。
こうすることで逆上がりの
蹴りだした力が上に向く。

心クンのようにあまり脚が上がらなかったり、
お尻が落ちてしまう場合などは、
ボールなどの目標を狙うと、
より高く蹴り上げられるとのこと。

スポンサードリンク




【引きつける腕力】
逆上がりの3つ目のポイントは
引きつける腕力。

鉄棒にぶらさがり体を丸め5秒間、
鉄棒をひきつけ腕力を鍛えます。

腕が伸び切り、体が上がらない状態を
改善できるといいます。

心くんは4秒間しかできなかったのでした。

5秒できないと逆上がりできる
可能性が低いといいます。

鉄棒と同じ太さの棒を
2人で引っ張り合うだけでも
引きつける腕力が養えます。

この時体全体でひっぱるのではなく
グッと腕を曲げて引っ張るようにします。

毎日5秒、3セット続けると、
瞬間的に引きつける腕力がつくとのこと。



実践的なトレーニング

1人で逆上がりができる自信と感覚をつける練習。

タオルを鉄棒に巻きつけ左手で握る。

タオルを腰の後ろに通して鉄棒へ。
巻きつけたら右手で握る。

この時、お腹と鉄棒の間に拳一つ分の
スペースを作ります。

そして先生が心くんの頭の少し上に
ボールを持っていてそれをめがけて蹴ると
逆上がりができたのでした。


一人で逆上がりができるか?

いよいよ寺田心くんの最終実技の時間。

心くんは「今日こそは絶対に成功させたい」
といいます。

しかし何度か挑戦したが
1人ではできなかったのでした。

心くんは「少しもやもやして気持ちはあるけど、
先生に言われたことを公園とかに行って頑張ります」。

ということで心くんの逆上がり再挑戦&かけっこ特訓は
近日放送予定とのことです!

【追記】
寺田心くんはその後も
逆上がりに勢いをつける蹴り上げや
回転感覚を養うタオルを使った
逆上がりの練習をしたそうです。

8月24日の放送では人生初の逆上がりが成功。
その後も何回もやることができたのでした♪

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ