【この差って何ですか】ガリガリ君、雪見だいふくなど定番アイスの昔と今の差

アイスクリーム

2017年8月1日放送の「この差って何ですか? 」は
「ガリガリ君、雪見だいふく…定番アイスの差に仰天SP 」
がとりあげられました。

スポンサードリンク

コンビニ定番アイスの昔と今の差

コンビニ定番アイスには
昔と今で大きな差が生まれています。

今回はガリガリ君、アイスの実、雪見だいふく、
アイスボックスの昔と今の差を明らかにします。



ガリガリ君

年間4億本以上販売されている超ヒット商品。
今から36年前の1981年(昭和56年)に発売。
人気のソーダ味をはじめ、100種類以上の味を展開!

【1つ目の差】
2000年(平成12年)にキャラクター
を変更した。

『キャラクターを変えた理由』
女性からキャラクターの”歯ぐきが気持ち悪い”、
“汗が泥くさい”、など、ネガティブな意見が
非常に多かった。
そのため、歯ぐきを見えなくして、
汗をなくして可愛らしくしたそうです。

【2つ目の差】
2002年(平成14年)に
氷の粒の大きさが小さくなった。

『氷の粒を小さくした理由』
今の子どもたちはアゴが弱くなった。
昔の子どもたち程、ガリガリできなくなったため、
「柔らかい食感」に変えた。



アイスボックス

味が付いた氷という画期的な商品で、
年間約6600万個販売の「アイスボックス」

今から28年前の1989年(平成2年)に発売。

【1つ目の差】
2015年(平成27年)に「食塩」を加えた。

『食塩を入れた理由』
「アイスボックス」は、
スポーツ飲料のアイス版として発し、
運動の後に食べる方が多かった。

しかし暑さで、熱中症にかかる人が増えてきたので、
塩分不足などで起こる熱中症対策として
「食塩」を入れた。

【2つ目の差】
お酒と合わせて食べるようになった

『どのようなお酒と合うのか?』
昔は、「スポーツ飲料」などを入れて
食べることはあったが、今は「お酒」を
入れて食べることも。

「アイスボックス+ワイン」
「アイスボックス+焼酎」もあるが、

オススメの組み合わせは、
「アイスボックス+ビール」。
ビールとの相性抜群。


スポンサードリンク



アイスの実

手軽に食べられる一口サイズが大人気!

累計10億個以上の超ヒット商品。
1986年(昭和61年)に発売。




【1つ目の差】
2009年(平成21年)に「容器」を「箱」から
「パウチタイプ」に変えた。

『パウチタイプに変えた理由』
「アイスの実」は「ひと口サイズ」で
手軽に食べられるのが人気の理由の1つ。

箱は箱を開けて、袋を開けてと、
手間が多くなっていたため、
開ける手間を省いたパウチタイプに変更。

さらに2010年には、ワイドに開く切り口に加えて、
「右側に小さく開く切り口」を追加。
「小さな切り口」を使うと、全く手を汚さず、
手軽に食べられます。

【2つ目の差】
2015年(平成27年)にコーティング部分に
「果汁」を含めた。

『コーティング部分に果汁を含めた理由』
「アイスの実」は流通時に、溶けてしまったり、
くっつくのを防ぐために、ジェラートの周りに
薄い氷の膜でコーティングしている。

しかし、「食べた後が水っぽい」などの意見があったため、
「果汁」を入れて、最後までジューシーな味わいに。


雪見だいふく

アイスは夏に食べるものという常識を打ち破り、
秋冬にも食べられるアイスとして大ヒット!

今から36年前の1981年(昭和56年)誕生し、
「みたらし味」、「おしるこ味」、「生チョコ味」など
40種類以上の味を発売!

【1つ目の差】
2001年(平成13年)に「粉の量」が減った。

『粉の量を減らした理由』
表面にお餅が容器にくっつかないように
粉が付いています。

「食べる時に、粉が落ちて汚れる」などの
意見があった。
そのため、いろいろ改良を重ねて、
2001年に粉の量を減らせた。

【2つ目の差】
2001年(平成13年)に「ヘソ」がなくなった。

『ヘソがなくなった理由』
昔は包んだお餅をひねりながらちぎっていたので、
どうしても「ヘソ」ができてしまった。

今は刃でお餅を切り離しているので、
「ヘソ」ができなくなった。

『ヘソをなくした理由』
「ヘソ」の部分は粉が溜まりやすく、
食感と味を損ねてしまう原因だった。

へそがなくなったことにより、
「なめらかな食感」を楽しめるようになりました。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ