【キャッチ】子供向けの図鑑が人気!くらべる図鑑が火付け役

駿河屋へ売る本

2017年8月11日放送の中京テレビ「キャッチ」で
「図鑑」がとりあげられました。

出版業界は不況の中、
図鑑が異例の売れ行きをみせています。

スポンサードリンク

今、図鑑が人気

ある書店に行ってみると入口の右側は、
夏休みということで
自由研究関係の子ど向けの本。

そして左側には図鑑が並べられていました。

複数の出版社が制作に力を入れる図鑑。

いまやDVDがついていて
映像で楽しめるのもあたりまえなんです。

さらに恐竜図鑑には驚きの仕掛けが。

【ビックリ3D図鑑対戦! 恐竜バトル】

専用のアプリを起動し、
スマートフォンをかざすと
紙面の恐竜が立体的になって
目の前に出てきます。

左のボタンで恐竜を
移動させることもできます。

そして右下のボタを押すと
迫力のある鳴き声が。


不況といわれる出版業界において
図鑑が異例の盛り上がりを
見せているそうです。

出版物全体では販売額は
この20年減少するばかり。

しかし図鑑の発行部数はここ10年で
約2.7倍も伸びています。

先ほどの書店では図鑑のコーナーが
お店の入り口以外にも
2階にもたくさん図鑑が並んでいます。

通路の両側にずらりと並べられた図鑑。
その内容も多様化しています。



【魔女図鑑】



【寿命図鑑】

中をみると寿命を迎えた様々なものが
天使の輪をつけて登場。

ライオンは15年、学校の校舎は40年。

洗濯機は8.5年、液晶テレビは9年など
大人でえ~っと思えるような情報が
のっています。


スポンサードリンク



【ホネホネたんけんたい】

こちらは骨だけなに特化。
いきもの自体の写真はまったくありません。
くねくねとした蛇に鳥、そしてうさぎ。

うさぎの骨を見ると
耳には骨がないことがわかります。



【まどあけ図鑑 いきもの】

さらに本の平面から飛び出してしまった図鑑も。
まどあけ図鑑。

子供が興味を持って読み進めるよう
工夫されています。



くらべる図鑑がブームの火つけ役

盛り上がりを見せる図鑑。
実はある一冊の図鑑が
ブームの火つけ役になったといいます。

小学館の北川編集長によると
『「くらべる図鑑」という新しい図鑑がでました。
その内容と発送と手法が見事に当たって
大ヒットを記録しました。』

8年前に出版されたくらべる図鑑。

その内容は例えば
ティラノサウルスが現代にいたら車に対して
このくらいの大きさだということがわかります。

【くらべる図鑑】

この図鑑の登場によって
これまで動物や植物、それだけを
紹介することがほとんどだった図鑑の分野が
大きく転換したということです。

これまで図鑑を出していなかった児童書の出版社が
こぞって子供向けの図鑑を出すようになり
その結果出版アイテムの増加、
売上の増加に行きついている
とのことです。

図鑑は各社の競争によって
驚きの進化を遂げていたのでした。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ