【ヒルナンデス】皮膚科医が教える日焼け肌ケア!頭痛薬やシークワーサー

夏の紫外線、海

2017年8月16日放送の「ヒルナンデス」の
「皮膚科医が教える日焼けケアアイテム」。

日焼け肌ケアについて、皮膚科医の先生
がアドバイス。

日焼け直後にやってはけないこと
やおすすめの食べ物、お風呂について紹介!

スポンサードリンク

日焼け肌ケア

日焼けとは、紫外線によって皮膚が炎症を起こしている状態で、
火傷と同じ現象。

痛む場合は皮膚科医で治療をしてもらうべきものですが、
帰りの時刻によっては皮膚科が閉まっている場合もあります。

そこで、今回は日焼けした直後に行うべきケアの方法を
皮膚科医に教えてもらいます。



日焼け直後にやってはいけないこと

銀座ケイスキンクリニックの
慶田朋子先生に教えていただきます。




【ローションパック】
日に焼けて肌が乾燥したと思い、
保湿目的でパックをする人も多いのでは?

しかしパックというのは成分の浸透率がとても高い。

日焼け直後で炎症を起こしている状態で行うと、
様々な有効成分が肌の刺激になる可能性があるので
おすすめできないとのこと。
 


【むけてきた皮をむく】
日焼けしてむけ始めた皮を無理にむこうとすると、
皮膚のバリアがはがれ、幹部からバイ菌が入って
二次感染の危険があります。


【日焼けをして痛くて眠れないとき】
日焼けによりジンジンと痛んで眠れない時には、
家庭にある頭痛薬(消炎鎮痛剤)を飲むだけで
少し楽になるとのこと。

ひどい日焼けは体内では頭痛と同様の炎症が
起きています。
その炎症によって痛み物質が次々と作られるの
でじんじんと痛みを感じます。

頭痛薬などの痛み止めには
痛み物質の生成を抑制してくれるので
日焼けによる痛みも抑えてくれます。



スポンサードリンク



日焼け直後に食べるべき物

Rサイエンスクリニック広尾の日比野佐和子先生に
教えていただきます。




【シークワーサー】

シークワーサーに含まれるノビレチンという成分には
肌の保湿成分があると期待されています。

シークワーサーウォーターを作って
飲むのがおすすめ。
作り方は簡単。

1/4にカットしたシークワーサーを
ミネラルウォーターに入れて
飲むだけ。

お水と一緒にとることで
効率よく水分補給ができます。

お好みではちみつやオリゴ糖を加えても。

ノビレチンが多く含まれているのは
皮と実の間の白い部分です。

なので飲み終わったらシークワーサーの実も
捨てずに食べましょう。


【ホットヨーグルト】
ヨーグルトに含まれる乳酸菌は
腸内環境を整えてくれる効果があります。

腸内環境が整うと、肌の保湿力もアップ。
日焼けなどによる乾燥した肌も保湿してくれます。

さらにヨーグルトを温めることにより、
活発になった乳酸菌が
腸まで届いて効率よく働いてくれます。
※40℃前後が一番活発になります。

ホットヨーグルトの作り方は耐熱容器に移し
ラップをせずにレンジで40秒ほど温めるだけ。


お風呂ケア

東京銀座スキンケアクリニックの
三浦麻由佳先生が教えていただきます。

【日焼けした箇所に流水でシャワーを浴びる】
冷たいタオルなどで患部を押さえても、
タオルはすぐに温まってしまいます。

流水のシャワーを当て続ければ、常に冷たい水が
患部にあたるので
しっかり冷やすことができます。


 
【紅茶風呂】
日焼けのあとにお風呂に加えるとよいものは紅茶。

紅茶にはタンニンという日焼けのあとの炎症を
抑えてくれる成分が含まれています。

このタンニンが皮膚に直接触れることにより、
肌の炎症や火照り感を鎮めてくれるといいます。

35~37℃のぬるま湯に紅茶のティーバッグを
2~3個入れて5分ほど浸かるのがおすすめ。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ