【世界一受けたい授業】花粉症対策にブロッコリースプラウト&みかんの皮

インフルエンザ

2016年2月6日放送の「世界一受けたい授業」の中で「花粉症」がとりあげられました。

毎年大好評の花粉症対策最新版!

アナタの対策は間違っていませんか?徹底チェック

東京新宿メディカルセンターの石井正則先生が解説します!

スポンサードリンク

花粉症とは

そろそろ花粉所のシーズンが到来。

今年は多くの地域で昨年より花粉の量が多いと予測。
東京都では3.5人に1人が花粉症と言われています。

実はスギがたくさん生えている田舎よりも都会の方が花粉症の人が多いのです。
それは花粉が化学物質とくっつくから。

山から放出された花粉は風に飛ばされ、工場や交通量の多い都会へ。

煙や廃棄ガスに含まれた化学物質とくっついて、花粉症を引き起こしやすくなるといわれています。

そんな花粉症について東京新宿メディカルセンターの石井正則先生に教えてもらいます。

去年10月には東京大学の研究チームが花粉症患者、約8800人を追跡調査したところ、
花粉症の人は花粉症でない人に比べガンによる死亡率が52%低いことがわかったそうです。

それは花粉症の人は免疫機能が活発なので、
ガン細胞の増殖を防ぐ力が強いのではないかと言われています。

効果のある花粉症対策

出演者らがVTRをみて花粉症対策について間違った花粉症対策を選ぶクイズに挑戦。


【花粉症対策で間違っているのは?】

・辛いものを食べる
・水道水で目を水で洗う
・冷たいおしぼりを目にのせる
・コンタクトからメガネにする
・鼻にワセリンを塗る
・床を水拭き

間違っているのは水道水で目を洗う
目の細胞を傷つけてしまう事があるので、洗うのであれば
市販の涙の成分と同じもので洗うとよい。

辛いものを食べるのは交感神経が高まる事により鼻詰まりに効果がある。
(とり過ぎはよくない)

目に冷たいお絞りをのせると充血をおさえ、かゆみを落ちつかせる。

ワセリンは鼻の入り口に塗ると花粉の侵入を防いでくれる。

コンタクトよりメガネのほうがよい。
メガネに替えるだけに目に入る花粉の量が約40%するというデータもあるとのこと。


スポンサードリンク

花粉症に効果的な食べ物は?


【ブロッコリースプラウト】

花粉症の引き金となるのがIgE抗体。
これが増えることによりアレルギー症状が出て、
花粉症の人は目がかゆくなったりくしゃみが出たりします。

そのIgE抗体の増加をスルフォラファンと呼ばれる栄養素が
抑えてくれることが近年明らかになってきました。

スルフォラファンを多く含んでいるのがブロッコリー。
ところがこのブロッコリーより20倍多く含んでいるのがブロッコリースプラウト。

ブロッコリーの新芽なのです。
生でよく咬んで食べるのが一番効果的といわれています。



【飲むヨーグルト+みかんの皮】

また、飲むヨーグルトに”みかん”の皮をミキサーでかき混ぜて飲むと
花粉症による目のかゆみを抑える効果があることがわかりました。

去年3月に愛媛大学の研究チームが発表したもので、
飲むヨーグルト150mlとみかんの皮をミキサーに混ぜて毎日飲むと
2週間ほどで目のかゆみなどの症状が大きく改善したそうです。

みかんの皮のオレンジ色の部分は花粉所の炎症を抑えるノビチレンという物質を
たくさん含んでいます。
また飲むヨーグルトの中のβラクトグロブリン花粉所の炎症を抑える効果があります。

この2つ成分の相乗効果より花粉の炎症反応がおさまると考えられています。

ミカンの皮の摂取量の目安は、1日1個分。

ただし一度に1個分の皮を入れるとかなり苦くなってしまうので、
1個分の皮を三等分し、朝、昼、晩に分けて飲むようにするのがおすすめ。



石井先生おすすめ 鼻の通りをよくする体操

鼻づまりを解消するには交感神経を活発にすることが大切。
そのために必要なのがわきをしめて首を引き上げることが大切。

石井先生おすすめ 鼻の通りをよくする体操♪

1.足を肩幅にひろげて立つ
2.腰の後ろで手を組む

わきを思い切りしめる

首をできるだけ引き上げる

3.脇をしめ、お辞儀をしながら、組んだ腕を引き上げる
この状態で息を吐きながら首を持ち上げて5秒間キープ。

4.息を吸いながら腕を緩め、体を元に戻す

※首に病気がある人は注意が必要です。

脇をしっかりしめることと首を引き上げることで上半身の副交感神経を刺激することができます。
そうすると鼻の中のうっ血した粘膜がきゅっとしまって鼻の通りがよくなるとのこと。!

できれば1度に10回、朝昼晩の3度行い、1日計30回するとよい。

花粉症

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ