【がっちりマンデー】1000億円企業のくら寿司の戦略!サイドメニュー&鮮度くん

回転寿司

2017年8月20日放送の「がっちりマンデー」のテーマは
「僕たち1000億円企業になりました」。

そのなかのくら寿司について紹介!

スポンサードリンク

1000億円企業のくら寿司

日本全国に400万以上ある会社の中で
売り上げが1000億円を超えている企業は
約900社ほど。
全企業の中の0.02%。

ならば最近売り上げ1000億円を超えた会社に
超ホットな儲かり戦略があるはず!

調べてみたら意外なところに
1000億円企業がありました。

大阪府貝塚市に蔵のような建物がありました。
株式会社くらコーポレーション、
くら寿司です。

くら寿司は1977年に創業し、
回転寿司業界のパイオニアとして右肩上がりに成長。

1999年の年間売上105億円から始まり
2015年には1053億円となり創業40年足らずで
成し遂げました。

売上達成の決め手について代表取締役の久宗さんは、
サイドメニューへの取り組みと
徹底した品質管理だといいます。



スポンサードリンク



サイドメニュー

からあげやフライドポテトしかなかった
回転寿司のサイドメニューですが、
2012年くら寿司が突如発表したラーメン。

1杯370円という激安が受け、ラーメン4種類で
累計3000万食以上の大ヒットを記録。

その後も、うな丼やカレーライスなど
次々と人気メニューを開発。
グッと売上を伸ばしたのです。

お寿司のくら寿司が、
どうやって大人気サイドメニューを
生み出すことができたのか?

ラーメンを開発した松島さんによると、
試作品は年間およそ3000種作られ
商品となるのは50品程。

沢山作り、試食会で検討する繰り返しが
ヒットメニューを生んでいるとのこと。

サイドメニューづくりのポイントとして
短時間で味や質が落ちるものはダメ。

そして、アルバイトでもちゃんと作れるメニューか
どうかも重要。

というのも、できるだけお店の厨房で作れるものは作り、
出来たてを届けたいため。

くら寿司の厨房ではラーメンやうどんも
ダシを取るところから始めます。

だから作りやすいレシピというのも大事だとのこと。



鮮度くん

くら寿司の売上1000億円突破の
もう一つのポイントとして鮮度くんがあります。

くら寿司が開発した新型寿司キャップです。

2011年、フタ付きの皿「鮮度くん」を自社開発。

これはお寿司が長持ちするのはもちろんですが、
大事なのはフタの上。
フタの上にICチップが入っています。

広報宣伝部の辻さんによるとこのチップで
どの商品がいつ作られて、
売れているのか売れてないのか、
どれくらいの数が流れているのか
分かるようになったのです。

以前は皿裏にQRコードを貼り品質管理していました。

これだとお皿が何分回っているかという
時間の管理だけでした。

ICチップを付けたお陰で
お客さんがどのネタの皿を取り出したかが
瞬時にわかるため、次に作るネタが把握できます

その結果廃棄ロスと作業時間を
減らせるようになったのです。



クスリのアオキについてはこちら↓
【がっちりマンデー】1000億円企業の(株)クスリのアオキの戦略!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ