七五三のお参りの年齢はいつ?男の子は?早生まれは?時期は?

i753

お子様の成長を祝う七五三。

お子様がいつもとは違う装いで、かわいさが存分に発揮される行事ですね。

だからこそ大切にしたいと思うのですが、そうすると何歳で、いつやるのが正しいのかと思ってしまいますね。

ということで七五三の年齢や時期についてまとめてみました。

スポンサードリンク

七五三のお参りの年齢はいつ?男の子は?

七五三のお参りの年齢について、特にに男の子の場合にいつなのかな?って疑問に思う場合が多いようです。

女の子は三歳、七歳
男の子は三歳、五歳

男の子は五歳だけっていうところも多いようです。

また、七五三のお参りの年齢について、満年齢なのかそれとも数え年なのかっていう疑問もわきますよね。

これは昔は数え年でお祝いしていたのですが、最近では満年齢でお祝いすることも多くなってます。

地域によっても違うでしょうし、ご両親などとも相談して決めればよいのではないかと思います。

兄弟や姉妹がいる場合、上の子が満年齢で下の子は数え年で、一緒に七五三を祝ったりする場合もあります。

数え年というのは生まれた年を「1歳」とし、それ以降元日(1月1日)を迎えるごとに年が増えていきます。
なので、12月31日に生まれた場合は出生時(12月31日)に1歳で、翌日(1月1日)には2歳となります。

スポンサードリンク

七五三 早生まれはいつする?

早生まれとは1月1日から4月1日までの間に誕生日がある人のことです。

これらの人は、前年の4月2日以降に生まれた人と同じ学年になるので、同年生まれの人の中では学年が1年早いことからこうのように呼ばれています。

早生まれでも、結論としては数え年でも満年齢でもどちらでもよいと思います。

ただ、同じ学年でも七五三の時期が変わってしまうので、同じ学年の子が満年齢で、早生まれの子が数え年で行えば同じ年に七五三のお祝いができたりします。

七五三のお参りの時期はいつ?

今度は日にちの方の時期ですが、七五三は主に11月15日に行われる行事です。

ただ平日ですとなかなかその日に行うというのは難しかったりします。

ということで10月中旬から11月中旬の土日祝日などでお参りを考える人が多いようです。

ただ、やはりこの時期の大安の土日祝日は混みますので、早めに予約をしたほうがいいです。

中には混雑を避けて、11月後半に行う人も増えています。

まとめ

七五三を数え年でやるか満年齢でやるかはどちらでもよい。
早生まれでもそれは同じ。

お参りする時期も10月~11月ぐらいの間で都合のつく日でよい。

七五三は子供の成長を祝う行事ですので、みんなで子供の健やかな成長をお願いしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ