【世界一受けたい授業】おのののかと鈴木奈々のバレンタインチョコレシピ

バレンタインチョコ

2015年2月7日放送の「世界一受けたい授業」は
バレンタイン直前ということで「ピエール・マルコリーニ」先生が登場。

そしておのののかさんと鈴木奈々さんが宿題としてチョコスーツを作ってきていました。
それをピエールさんが試食します。

果たして判定は?

おのののか特製! 油揚げの生チョコサンドレシピ

おのののかさんのレシピ

【油揚げの生チョコサンド】

おのののかのバレンタインチョコ

『材料』(16個分)
油揚げ→2枚
製菓用チョコレート(ミルク)→200g 
生クリーム→50cc
製菓用チョコレート(ビター)→80g 
無塩バター→20g レーズン→適量

<作り方>
1.ビターチョコレートを湯煎で溶かす

2.鍋に生クリームを入れ沸騰させたら火を止める

3.①の溶かしたチョコレートに②の温めた生クリームを少しづつ加えながらまぜる

さらに無塩バターを加えて溶かし、なめらかになるまで混ぜる

4.③をタッパーに流し込み、レーズンを埋め込んで冷蔵庫で固める

5.油揚げを半分に開き、さらに8等分にってりトースターで少し焼き目がつく程度に両面焼く
⇒焦げないように気を付けて焼く

おのののかのバレンタインチョコ

6.④の生チョコを16等分にし、焼いた油揚げで挟む

スポンサードリンク

おのののかのバレンタインチョコ

7.ミルクチョコレートを湯煎で溶かし、⑥をコーティングし冷蔵庫で冷やせばできあがり!

「ピエール・マルコリーニ」先生が試食。

「これはすごい!完璧だ!2重丸だね。」と大絶賛でした。



鈴木奈々特製!チョはぎレシピ


【チョはぎ】

鈴木奈々のバレンタインチョコ

『材料』(12個分)
もち米→1合
水→適量
塩→小さじ1/2
製菓用チョコレート(ビター)→50g
生クリーム→20cc
粒あん→100g
カカオパウダー→適量

『作り方』
1.もち米をとぎ、水と塩を加えて炊く

2.鍋にチョコレート・生クリーム・粒あんを入れ、
弱火でゆっくり溶かしまぜ、「チョコあん」を作る

3.②のチョコあんをタッパーに移して冷蔵庫で冷やす

4.①の炊いたもち米を軽くつぶし、冷やしておく

5.冷やしたチョコあんを一口大に丸める

6.丸めたチョコあんをもち米で包む

鈴木奈々のバレンタインチョコ

7.カカオパウダーをまぶしてできあがり!

「ピエール・マルコリーニ」先生が試食。

「お餅の食感、あんこの味わい、カカオパウダーも素晴らしいです。
ただ、残念なのはチョコレートが甘すぎたようですね。」とコメント。

○と✖を両方していたので「どちらかにしてください」というと○を出していましたよ。

感想

おのののかは油揚げを使っていてなかなか斬新なチョコスイーツですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ