【この差って何ですか】誤嚥性肺炎の予防法!嚥下おでこ体操ほか

老夫婦、病気、介護

2017年8月22日放送の「この差って何ですか」の中の
「誤嚥性肺炎になりやすい人となりにくい人の差」が
とりあげられました。

誤嚥性肺炎の原因や食事法、対処法
予防方法の嚥下おでこ体操などを紹介!

スポンサードリンク

誤嚥性肺炎について

誤嚥性肺炎になりやすい人となりにくい人の差は
「のどの筋肉」を鍛えているか どうか

日本人の死因3位は肺炎。
(1位は「ガン」、2位は「心臓疾患」)

年間約12万人が死亡します。

特に問題になっているのが誤嚥性肺炎。

正常な人は飲み物は食道に流れますが、
誤嚥性肺炎になりやすい人は
喉頭蓋が正常に機能せず、
気道に入ってしまうため。

誤嚥性肺炎になりやすいのは男性。
誤嚥性肺炎になっている男女の割合は、
男性:7、女性:3。

なぜ誤嚥性肺炎に女性はなりにくいか?
「肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい」の
西山耕一郎先生によると、
女性はよく喋るため。

スポンサードリンク

男性は歳を取ると
だんだん話さなくなる傾向が多い。

話すとのどの筋肉は鍛えられるので、
結果として「飲み込みの筋肉」も鍛えられて
誤嚥しにくくなります。

喉の筋肉の衰えが始まるのは
40歳くらいから。



誤嚥性肺炎にならない食べ方

食事の時、一番大事なことは、最初の一口目。
慣らし運転をちゃんとしないとむせやすい。

ひきわり納豆は滑らかに入ってくるため、おすすめ。
ほかには、とろろご飯や卵かけご飯など、
「ネバトロ系食品」がよい。

一口目がみそ汁だと誤嚥しやすい。

慣らし運転ができていない状態なので
喉頭蓋のタイミングが鈍く遅れるのに対して、
みそ汁は液体のため速いため、気道に入りやすい。

水や麺類もさけたほうがよい。
麺類をすする時は息を吸う状態なので、
喉頭蓋が空いているため、誤嚥しやすい状態。

もし麺類を食べたい時はあんかけ状にして、
麺を短く切るのがオススメ。

会話しながら食べるのは
喉頭蓋が空いている状態のため、気道
に入りやすくなります。
会話しながら食べるのはオススメしない。


誤嚥(むせて)してしまった時の対処法

むせてしまった時は、上半身を十分倒して、
気管が水平になるような状態で、
咳をした方が出しやすい。

誤嚥性肺炎にならないのどの鍛え方

【①特に有効なのはカラオケ】
キーの高い曲がオススメ。
高音の曲を歌うと
のどがより引き締まり、鍛えられます。



【②嚥下おでこ体操】
1.手のひらの下の部分をおでこに当てて、
おへそをのぞき込むようにする。

2.その際に、手を上に押し上げるようにして、
手とおでこが押し合っている状態を5秒間キープ

1日5~10回繰り返すとよいとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ