【スッキリ】フリー素材アイドル双子の姉妹ミカリカ(Mika+Rika)とは?

ネットオークション

2017年8月24日放送の「スッキリ!」の「キニナルジャーナル」は
フリー素材アイドルってナニ?

フリー素材アイドルの双子の姉妹
ミカリカについて紹介!

スポンサードリンク

フリー素材アイドルMika+Rika

いま500社以上の企業広告に出ている
双子の姉妹「Mika+Rika」。

彼女たちの職業は「フリー素材アイドル」。

自分たちの写真の著作権や肖像権を放棄していて、
写真を自由に使ってもらう形で活動しています。

元々はヒップホップユニットとして
活躍していましたが、オフィシャルサイトに
フリー素材を1000点以上置き、
誰にでも写真を使えるようにしており
話題になりました。



Mika+Rikaの2人は
「私たち、無料です」のキャッチコピーで
フリー素材を1000点以上公開しています。

例えばレーザー脱毛の広告や
お菓子の広告などに使われています。

2人の違いとして本人たちは、
MIKAのほうがエラが張っていておでこが狭い
RIKAは唇が薄くて目がつっている
と説明。

年齢は非公表ですが、
Mikaは法政大学、Rikaは成城大学を卒業。

卒業後に2人とも一度就職していて
Mikaは商社、Rikaはシステムエンジニアとして
働いていたそうです。

夢だったアイドルを目指して
ヒップホップユニットを結成。

スポンサードリンク

2013年から芸能事務所に所属し、
音楽活動を始めたが、
売れなくて無給どころか赤字に。

すると事務所のスタップが
お金をかけずに何かできない?
と無茶振りをしたそうです。

無料で有名になる方法はないのか。

Mika+Rikaの2人は宣伝費ゼロで
有名になりたいと考え、
著作権も肖像権も放棄。

だれでも無料で写真をダウンロードできる
HPをつくったのです。

2014年末に公開開始、
サイトをオープンしたその日に
多くのアクセスがあったそうです。

どのように使われているか、
「#mikarikafree」というワードで
エゴサーチしているそう。

タウンワークや店ののぼりやイベントの広告など、
500社以上で使われています。

もちろんフリー素材なのでノーギャラ。

しかし、2人は2015年8月に
釜山国際広告賞2015やBRONZE賞を受賞。

フリー素材はノーギャラですが、
フリー素材の写真の中にはない写真を撮りたいとか
動画のオファーや
Mika+Rikaを起用して独自の広告を作りたいという
企業も現れ、有料の仕事も増えているとのこと。

転機になったのが今年の春に放送された
ソニーモバイルの「Xperia」のCM。

しかしフリー素材ゆえに、
ライバル企業の
ドコモ、au、ソフトバンクに
同時に起用される事態になったとのこと。

これまでフリー素材だけで起用されてきた
お菓子メーカー・山芳製菓から、
初めてギャラのあるお仕事をもらいました。

この日は「わさビーフ」の電子看板のお仕事で、
「わさビーフの歌」も作ったのでした。

Mika+Rikaは
今後は有料の双子になるのが夢だといいます。

フリー素材アイドルという事で、
スッキリ!の取材もノーギャラで
受けてくれたという。
現在は生活できるぐらいの収入があるが、
会社員時代よりは少ないとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ