【きょうの料理】栗原はるみの定番ごはんのレシピ!れんこん餅

れんこん餅

2017年8月29日放送の「きょうの料理」は
栗原はるみの定番ごはんセレクション「中国風編」

これまで栗原はるみさんが紹介した
定番ごはんシリーズから人気の高かったおかずを紹介。

ここでは2017年2月9日に放送された
れんこん餅のレシピの紹介!

スポンサードリンク

栗原はるみ流!れんこん餅のレシピ

飲茶で人気の大根餅をレンコンにアレンジ。

ごま味とねぎ味の2種類を作ります。

れんこん餅

【れんこん餅のレシピ】

『材料』(ごま味、ねぎ味ともに3~4個分)

(ごま味)
れんこん→ 1節(正味100g)
白玉粉→ 100g
きくらげ(乾)→ 3g
塩→ 少々
白ごま→ 適量

(ねぎ味)
れんこん→ 1節(正味100g)
白玉粉→ 100g
細ねぎ→ 30g


サラダ油→ 少々

ごま油→ 少々
豆板醤→ 適量
ラー油→適量
酢しょうゆ→適量

『作り方』
1.れんこんは洗って皮をむき、
軽く水につけてアクを抜く。
れんこんの水気をよくきり、
力を入れずに回しながらすりおろす。

※れんこんをすりおろしてもっちり感をだす

きくらげは水につけて戻し、水気をよくきり、
堅いところを除いて千切りにする。

細ねぎは小口切りにする。

スポンサードリンク

2.ごま味の生地を作る
ボウルに白玉粉を入れ、すりおろしたれんこんを加え、
スプーンで混ぜる。
堅いようなら水(大さじ1~2)を少しずつ加え、
耳たぶくらいの堅さになるように調節しながら混ぜる。

3.②にきくらげと塩を加えて混ぜ、
手で1つにまとめられるくらいの堅さにする。

4.ねぎ味の生地を作る
ボウルに白玉粉を入れ、すりおろしたれんこんを加え、
スプーンで混ぜる。
堅いようなら水(大さじ1~2)を少しずつ加え、
耳たぶくらいの堅さになるように調節しながら混ぜる。

5.④に細ねぎを加えて混ぜ、
手で1つにまとめられるくらいの堅さにする。

6.③と⑤それそれの生地を3~4等分にして、
丸く平たい形に整える。
ごま味のほうは、皿に白ごまを入れ、
片面だけを軽く押しつけてまぶす。

7.フライパンにサラダ油を熱し、
⑥の生地を入れ、表面がカリッとするまで
弱火で8分間焼く。

ごま味の方は、ごまがついている面から焼く。

8.焼き色がついたら、裏返してさらに6分間焼く。
最後にごま油を回しかけて表面をカリッとさせる。

※ごま味のほうは、最後にごま油を加えるときに
ごまのついた面を上にすると、より香ばしく仕上がる。

9.器に盛り、豆板醤を添えたらできあがり!

ラー油、酢しょうゆ(各適量)を
混ぜたものをつけていただきます。


この日の栗原はるみさんのレシピ↓
【きょうの料理】栗原はるみの定番ごはんのレシピ!揚げ鶏のねぎソース

【きょうの料理】栗原はるみの定番ごはんのレシピ!簡単チャーシュー

【きょうの料理】栗原はるみの定番ごはんのレシピ!れんこん餅

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ