【きょうの料理】栗原はるみの定番ごはんのレシピ!和風ハンバーグ

和風ハンバーグ

2017年8月30日放送の「きょうの料理」は
栗原はるみの定番ごはんセレクション「和食編」

これまで栗原はるみさんが紹介した
定番ごはんシリーズから人気の高かったおかずを紹介。

ここでは2015年9月3日に放送された
和風ハンバーグのレシピの紹介!

スポンサードリンク

栗原はるみ流!和風ハンバーグのレシピ

オーブンを使い、
表面はカリッと中まで火を通します

和風ハンバーグ

【和風ハンバーグのレシピ】

『材料』(4人分)
(ハンバーグ)
牛ひき肉 (粗びき)→ 400g
豚ひき肉 (粗びき)→ 200g
たまねぎ→ 1コ(200g)
生パン粉→ カップ1/2
牛乳→ 大さじ3
卵→ 1コ

(すだちポン酢)
(A)
しょうゆ →大さじ5
すだちの搾り汁 →大さじ2
※冬ならゆずなど
お好みで季節にあったもの

みりん →大さじ1
※煮きってアルコール分をとばしたもの

酢→ 大さじ1
昆布 (5cm四方)→ 1枚


大根おろし→ 適量
七味とうがらし→ 適宜

『(付け合わせ)つくりやすい分量』
(にんじんのスープ煮)
にんじん →2本(350g)
スープ →カップ2
※顆粒スープの素(洋風)小さじ1を
湯カップ2で溶いたもの

クミンシード →小さじ1~2
塩→ 適量

(コーンのクリーム煮)
コーン (冷凍/ホールタイプ)→ 1袋(250g)
小麦粉→ 大さじ1
牛乳→ カップ1/2
バター→ 20g
塩→ 少々
黒こしょう→ 少々

(ゆでブロッコリー)
ブロッコリー→ 1コ
塩→ 少々
塩→ 小さじ1
黒こしょう (粗びき)→ 少々
サラダ油→適量

『作り方』

1.ハンバーグをつくる
たまねぎは5~6mm角に切る。
※玉ねぎは大きめのみじん切りにし
生の肉ダネに加え存在感を楽しむ

2.パン粉は皿などに牛乳と一緒に入れ、
しっとりさせておく。

3.ボウルにひき肉、②、卵、塩小さじ1、
黒こしょう少々を入れてよく混ぜ、
①を加えてさらに混ぜる。

※牛ひき肉の割合を多めにすると、
うまみが増しておいしくなる。

スポンサードリンク

栗原はるみさんは牛:豚=2:1
の割合がおいしいそうです。

※玉ねぎを加える前に
肉ダネは粘りが出るまでしっかり混ぜる

4.③を4等分にして、空気を抜きながら
1コずつだ円形にする。

5.オーブンに入れて使えるタイプの
フライパンにサラダ油大さじ1/2~1を中火で熱し、
④のハンバーグを入れ、表面に焼き色がつくまで、
約2分間ずつ両面を焼く。

6.⑤のフライパンごと230℃に余熱しておいたオーブンに入れて
8~10分間焼き(時間は2コずつ焼くときの目安)、
中まで火を通す。
取り出してフライパンに付け合わせを盛る。

※オーブンに入れて使えるタイプの
フライパンがない場合は、
通常のフライパンで⑤と同様に焼いて取り出し、
オーブン用の紙を敷いた天板にのせ、
同様に焼き上げる。

7.すだちポン酢をつくる
ボウルに(A)を合わせ、サッと洗って
水けを拭いた昆布を加えてしばらくおき
(1時間~一晩が目安)、昆布を取り出す。

器にすだちポン酢と大根おろしを入れ、
好みで七味とうがらしをふる。

8.付け合わせのにんじんのスープ煮
にんじんは皮をむいて3cm厚さの輪切りにする。
鍋ににんじんとスープを入れて強火にかける。
煮立ったら弱火で8~10分間、
にんじんが柔らかくなるまで煮る。
味をみて、塩適宜で味を調え、
火を止めてクミンシードをふり入れる。

9.付け合わせのコーンのクリーム煮
鍋にバターを熱し、コーンを入れて中火で炒め、
小麦粉をふり入れてさらに炒める。
牛乳を加えてとろみがつくまで混ぜ、
塩、黒こしょうで味を調える。

10.付け合わせのゆでブロッコリー
ブロッコリーは10cm長さの小房に切り分け、
塩少々を入れた熱湯でサッとゆで、
ざるに上げて水けをよくきる。

11.ハンバーグに付け合わせを
添えたらできあがり!



この日の栗原はるみさんのレシピ↓
【きょうの料理】栗原はるみの定番ごはんのレシピ!和風ハンバーグ

【きょうの料理】栗原はるみの定番ごはんのレシピ!豚のしょうが焼き

【きょうの料理】栗原はるみの定番ごはんのレシピ!きゅうりの甘酢サラダ

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ