【サタデープラス】水島弘史の弱火料理のトマトの冷製パスタのレシピ!

水島弘史のトマトの冷製パスタ

2017年9月2日放送の「サタデープラス」ことサタプラの
「くらしプラス」

花嫁修業中のタカラジェンヌ紫吹淳さん。

弱火が料理を美味しくするという新常識を
提唱する水島弘史先生に、弱火だから美味しい
「麻婆豆腐」と「冷製パスタ」の作り方を学びます。


ここでは冷製パスタのレシピの紹介!

スポンサードリンク

水島弘史先生の弱火料理

サタプラで紫吹淳さんはこれまで10種類の料理をマスターしました。

親子丼のレシピ!
から揚げのレシピ!

魚のムニエルのレシピ!
焼き餃子のレシピ

チャーハンのレシピ
ローストビーフのレシピ

ぶり大根のレシピ
鶏のクリームシチューのレシピ

ハンバーグとトンカツのレシピ
肉じゃがのレシピ





水島流!トマトの冷製パスタの作り方

【トマトの冷製パスタのポイント 】
・トマトは弱火で崩れるまで煮る!
・パスタはあえて太めで!
・常温の水で冷ます!

通常冷製パスタは細麺のカッペリーニを使いますが、
パスタの太さは太くてもいいそうです。

さらにパスタをゆでるとき塩を入れません。
それがカッペリーニでなくてもできるコツ。

塩を入れるとたんぱく質が壁を作り、
芯まで熱が入りすぎないアルデンテな食感になります。

しかし、実は塩を入れないほうが壁ができない分
味が染み込みやすくモチモチ食感になるとのこと。

【水島流!トマトの冷製パスタの作り方】

水島弘史のトマトの冷製パスタ

『材料』(2人前)
パスタ(乾麺)→60g

(ソース用)
ニンニク→4g

玉ねぎ→40g

オリーブオイル→20g

トマト→120g

(和える用)
ミニトマト→70g

塩→4g

砂糖→4g

こしょう→適量

(盛りつけ)
モッツァレラチーズ→50g

バジル→2g

水→20g



スポンサードリンク



『作り方』

1.玉ねぎ、ニンニクをみじん切りにする。
トマトは5mmぐらいのざく切りにする。
ミニトマトは4つ割にする。

2.フライパンに玉ねぎ、ニンニク、
オリーブオイルを入れて弱火で約5分炒める。

3.②にトマトを加えて煮詰め崩れるまで煮る。

じっくり火を入れると旨味が凝縮され、
甘みも強くなります。

煮崩れればソースの完成です。

4.パスタをゆでる。
※湯には塩は入れない。
時間通りにゆでる。

5.ゆで上がったパスタは湯切りをして
ボウルに入れ、③のトマトソース、
ミニトマトを入れ、塩、砂糖、
コショウをしてよく混ぜる。
※パスタが温かい方が味がよくなじむ

6.ビニール袋に⑤を入れて、
水を溜めたボウルの中で薄く広げながら
水圧で空気を抜いて上を縛る。
5分程水の中で冷ます。

水島弘史の冷製パスタ

7.⑥の粗熱が取れたら冷蔵庫で約10分冷やす。

8.モッツアレラチーズを1cmの角切りにする。

10.⑦のパスタに手でちぎったバジルと、
モッツアレラチーズ、水を加えて混ぜ、
盛り付けたらできあがり!


麻婆豆腐のレシピはこちら↓
【サタデープラス】水島弘史の弱火料理の麻婆豆腐のレシピ!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ