【あさイチ】お皿、コンロの油汚れ掃除にレジ袋・ポリ袋使う方法!

掃除

2017年9月5日放送の「あさイチ」の「スゴ技Q」は
まだまだ使える!おうちの「袋」大活用ワザ


油汚れをレジ袋・ポリ袋で落とす技を紹介!

スポンサードリンク

油汚れをレジ袋・ポリ袋で落とす技

家事代行サービスマネージャーの茅野さんが
レジ袋の活用術を紹介。

茅野さんのオススメは
油掃除グッズにすること。

ポリ袋はポリエチレンを原料に作られています。

ポリエチレンは油と構造が似ているので
付着しやすいのです。



【お皿の油汚れを取る方法】

『やり方』
1.袋は2枚使い、
1枚は手にはめて手袋代わりに、もう1枚を丸めます。
※丸めるとシワの隙間に
油汚れがたくさん入ります。

2.袋の向きを変えながら汚れをふき取る。

3.油以外の汚れは吸着しないので
手でつまんで取ります。

汚れが取れたら
そのまま捨てることができます。



【コンロ周りの汚れを取る方法】

スポンサードリンク

油料理のあとのコンロ周りも
掃除できます。
今度は半透明のポリ袋を使います。

1.袋は2枚使い、
1枚は手にはめて手袋代わりに、もう1枚を丸めます。
※丸めるとシワの隙間に
油汚れがたくさん入ります。

2.手でつまむようにしながら油を取る。

すりつけると広がってしまうので
油が跳ねているところだけつまんでいきます。
油が取りきれないときは
新しい袋に洗剤を少しつけ
再び油をつまむように掃除します。

3.最後に布巾で拭きとる。
これで、きれいになります。





【カーペットの掃除方法】

また茅野さんの他のオススメ術が
フローリングなどの床掃除。

手にはめてカーペットなどの上をこするだけで
静電気が起こりゴミを集める事ができます。



【手のべたべたにも】
芝浦工業大学の永直文さんによると、
スナック菓子などでベタベタになった手は、
レジ袋でふきとるとさっぱりするとのことです。



【あさイチ】進化系エコバッグ!一瞬でたためるシュパットやリュックにもなる2way

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ