【この差って何ですか?】シワが少ない人の対策!鮭、玉ねぎの皮茶、入浴法など

にきびの女性

2017年9月5日放送の「この差って何ですか?」の中の
「60歳をすぎても顔にシワができる人、
できない人の差」。

スポンサードリンク

しわのできる原因

加齢とともに多くの女性の悩みになっている
シワの主な原因は紫外線です。

皮膚は表皮、真皮、皮下組織の3層構造になっていて
真皮のたんぱく質のコラーゲンが
網の目状にに張りめぐらされている事で
表皮を支えて張りのあるお肌を保っています。

しかし紫外線を浴びすぎると
網の目状のコラーゲンが分解されてしまい
表皮を支えきれなくなり表皮に凹みができシワになってしまう。

60歳を超えると顔にシワが増えるものですが
驚くほどシワが少ない人もいます。

そこで60歳前後のシワの少ない一般女性50人に
日頃シワを作らないためにどんな事をしているのか?
アンケートしました。



60歳でも「シワの少ない人」と「シワの多い人」の差

解説はお茶の水健康長寿クリニックの白澤卓二先生です。



【日傘の色は「黒」、「白」、どっち?】

多いのは「黒」でした(27人/50人)。

黒の日傘は紫外線を吸収してくれます。
しかし、白い日傘を使っている人も
内側は「黒」という人が多かったのです。

実は重要なのは内側の色。
内側が「白」だと、地面からの照り返しの
紫外線を跳ね返してしまうため、
顔に紫外線があたってしまう。

内側が「黒」だと紫外線を吸収するので
顔に当たりづらくなります。



【朝の洗顔方法で 多かったのは「熱いお湯」「ぬるま湯」「水」どれ?】

多かったのは
「ぬるま湯」(31人/50人)。
「水」(19人/50人)。

スポンサードリンク

朝の洗顔は、化粧品の油分・皮脂汚れなどを
洗い流すことが必要です。

この皮脂が溶け出る温度が30℃以上。

なので、30℃から32℃ぐらいの「ぬるま湯」で
洗顔するのが一番よいのです。

水は、皮脂が溶け出さないため、
吹き出物やかゆみの原因になったりすることも。

32℃以上の熱いお湯は、皮脂が落ちすぎてしまい、
肌が乾燥しすぎてバリア(保湿)機能が低下してしまう。

さらにシワが少ない50人の女性の洗顔のこだわり
①洗い流す時は、シャワーを使わず手でかける
②お風呂では、乾燥を防ぐため最後に洗顔
③お風呂から上がって、保湿まで3分以内



【朝食で食べるのは「目玉焼き」、「焼き鮭」どっち?(美容のために)】

多かったのは「焼き鮭」。

鮭には、たくさんのコラーゲンが含まれています。

コラーゲンを食べると、コラーゲンペプチドに分解され、
コラーゲン細胞が増加すると言われています。

特に鮭の皮には多くコラーゲンが含まれているので
皮も食べるとよいそうです。

ちなみに、40人/50人が「焼き魚の皮を残さず食べる」と回答。

鮭以外でコラーゲンが多く摂れる食べ物は鶏肉。
アンケートでも30人/50人が一番食べているお肉は
「鶏肉」と回答。

よく食べる鶏肉の部位は、「手羽先」。
手羽先にコラーゲンをつくるのに必要な
ビタミンB6も多く含まれています。

一番おすすめなのは鶏のレバー。
レチノールというビタミンAの一種が多く含まれていて、
ヒアルロン酸を増やすことができます。



【美容のために飲んでいる「飲み物ランキング」】
第1位:豆乳
第2位:コラーゲン入りドリンク
第3位:ヨーグルトドリンク
第4位:青汁
第5位:玉ネギの皮茶

玉ネギの皮茶とは、
乾かした玉ネギの皮を約3分煮だしたもの。

玉ネギの皮に含まれるファイトケミカルは
強い抗酸化作用があります。

ファイトケミカルはコラーゲンの減少を抑える働きがあり、
野菜や果物の皮に含まれています。

落花生の薄皮にも非常にたくさん含まれています。

皮付きの野菜でカレーの作るのもおすすめとのこと。



【シワ予防に効果的な入浴法は「あついお湯に約5分」「ぬるいお湯に10分以上」どっち?】

答えは「あついお湯に約5分」。

42℃のお湯に5分浸かると
ヒートショックプロテインができます。

ヒートショックプロテインとは傷ついた細胞や
コラーゲンを修復するタンパク質の事。
紫外線で傷ついた肌のダメージを修復してくれます。

ヒートショックプロテインが作られる温度は40~42℃

40℃では20分
41℃では10分
42℃では5分
入浴することでヒートショックプロテインが
期待できます。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ