【キスマイレージ】10万円宝くじ買ったら元を取れる?二階堂高嗣&玉森裕太

お金の節約術

2017年9月6日(5日)放送の「キスマイレージ」は
「10万円宝くじ買ったら元を取れるのか?」。

二階堂高嗣さんと玉森裕太さんが
それぞれの作戦を実行!

スポンサードリンク

10万円分宝くじ買ったら元を取る事ができるか

今回は「10万円宝くじ買ったら元を取れるのか?」をテーマに、
二階堂高嗣さんと玉森裕太さんがそれぞれの作戦を実行。

二階堂高嗣さんの作戦
東大詠生確率を計算

玉森裕太さんの作戦
5億円当選者に教わる

二階堂高嗣さんの作戦

宝くじの種類は様々。
どれが元を取りやすいか現役東大生が計算。

東大生の加藤正義さんはモンテカルロ法で
100億円分のシミュレーションを行い、
最も10万円以上当たる確率は
スクラッチくじの6.9%だった。

つまり、最も元を取りやすいくじはスクラッチ。

ちなみにそのほかの確率は
ビンゴ→2.5%
キラキラくじ(関東・中部・東北)→2.4%
ミニロト→1.8%
キラキラくじ(東京・近畿)→1.1%

二階堂さんは西銀座チャンスセンターで、5万円分のスクラッチを購入。
当たった金額は23000円だった。
二階堂さんはここで1万円分を追加投資、1000円だった。

二階堂さんは錦糸町ビッグチャンスセンターで2万円分を購入。
当たった金額4000円だった。

スポンサードリンク

亀戸駅前北口売り場で2万円分を購入。
当たった金額4000円だった。

結果10万円を投資して、
32000円が当選したのでした。


玉森裕太さんは高額当選を連発している
上坂元祐さんに必勝法を教わるということで
岐阜へ。

上坂さんはロト6で2億円を当てたこともあり
これまでの当選額は5億円以上。

宝くじの神のような存在だった。

上坂さんは1回に使うのは3000円~5000円程度。

上坂さんによると自分の運命数があり、
運命数とはその人が持って生まれた数字のこと。

【運命数の出し方】
自分の生年月日を1ケタずつにして
それをすべてたした1桁の数字。

玉森さんの場合
1990年3月17日

1+9+9+0+3+1+7=30
3+0=3

玉森さんの運命数は3

さらに九星占術で導き出された玉森さんの数字は1

玉森さんについて回る数字は計算上
1と3。

その他、思い出の日にちやその日偶然目にした数字
などを参考にするとのこと。

2人は金神社を参拝、
周りをみると1と3の数字が目についたのでした。

上坂さんはこれまで一緒に買って3億円当てた人が
5人ほどいるとのこと。

玉森さんは北方アピタチャンスセンターで
ロト6を10万円分購入。

玉森さんは1時間かけて、3と1を中心に
100枚マークシートを記入。

そして、玉森さんはロト6の抽選会中継を視聴。

最終的に、合計16000円当選しました。



検証結果は”10万円宝くじ買っても
元は取れない”となったのでした。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ