【スッキリ】やわらか鶏むね肉と大麦のサラダのレシピ!フォトジェニックby西岡麻央

むね肉のサラダ

2017年9月7日放送の「スッキリ」

空前のサラダブームで専門店まで登場。

ヘルシ―&フォトジェニックで人気。

料理研究家の西岡麻央さんが
自宅で作れる専門店サラダの
レシピを教えてくれました。

ここではやわらか鶏むね肉と大麦のサラダ
のレシピを紹介!

スポンサードリンク

やわらか鶏むね肉と大麦のサラダのレシピ

むね肉のサラダ

【やわらか鶏むね肉と大麦のサラダのレシピ】

『材料』(2人分)

グリーンカール→ 50g

スーパー大麦→ 40g

鶏むね肉→ 1枚

ミニトマト→ 3個

ビーツの缶詰→ 1個
(ビーツ 10g、ビーツの煮汁 200ml 使用)

卵→ 1個

水→1リットル

塩→大さじ2

ドレッシング→適量
(カルディコーヒーファームのフォロミール)



スポンサードリンク



『作り方』

1.ボウルに1リットルの水と塩をいれて
溶かした塩水に、鶏むね肉を2時間浸けておく。

※このひと手間で焼きあがった時にジューシーに
専門店のような鶏むね肉に

2.鶏むね肉を観音開きにし、
油をひいたフライパンで
中火じっくりと火を通す。

焼きあがったら冷まして、
1口サイズに切っておく。

3.グリーンカールを食べやすい大きさにちぎり、
ボウルへ入れる。

※葉がカールしているのでボリュームが出しやすい
カリウムやビタミンCなどが一般的なレタスより豊富。

4.缶詰のすでにスライスされたビーツをさらに薄切りにし、
ミニトマトは半分に切って③のボウルに入れる。

※ビーツはロシアのボルシチに良く使われ、
ヘルシーな野菜として欧米では人気。
食べる輸血といわれるくらい鉄分が豊富。

5.さらに③にローストしたスーパー大麦を加える。

スーパー大麦は一般的な大麦の
2倍の食物繊維が含まれています。

※ビーツ缶詰の煮汁は取っておく。

7.ドレッシングを⑤にひとまわしかけ
具材とからめる。

※番組ではカルディコーヒーファームの
フォロミールを使っていました。

玉ねぎ、マスタード、ニンニクの効いた
とろみのあるクリーム状のドレッシング。

7.お皿に盛りつける
グリンカールを、空気を含ませるように
ふんわり少しずつ盛るときれいに仕上がる。

その上にビーツやミニトマト、
鶏肉をトッピング。
ゆで卵を半分に切って乗せればできあがり!



ピンクゆで卵の作り方

鍋に水と卵(冷蔵庫から出したばかりのもの)を加えて
中~強火で10分ゆでる。
粗熱が取れたら卵の殻を剥き、
ビーツの煮汁に数時間~1晩漬け込めばできあがり!



【スッキリ】エビとほうれん草のサラダのレシピ!専門店風にオシャレby西岡麻央

【スッキリ】やわらか鶏むね肉と大麦のサラダのレシピフォトジェニック!by西岡麻央

【スッキリ】生ハムとイチヂクのサラダのレシピ!専門店の味にby西岡麻央

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ