【サタデープラス】シワやたるみに頭皮・目元・頬のマッサージ!小顔にby樋口賢介

さわやかな女性

2017年9月9日放送の「サタデープラス」のくらしプラス。

美容研究家・樋口賢介さんが
シワやたるみに頭皮・目元・頬の
簡単マッサージのやり方を紹介!

スポンサードリンク

美容研究家・樋口賢介さん

暑かった夏が終わり秋の気配が漂うこの時期、
肝心なのが肌のケア。

夏の強い紫外線はシミだけでなく
肌の弾力や張りをなくし、
大きなシワやたるみにつながります。

そんな秋の肌のケアの方法を「美は執念」と話す
人気の美容研究家・樋口賢介さんに
教えてもらいます。

フランスのエステやアーユルヴェーダなど
世界各地の美容を学び独自のメソッドを開発。

経営する美容室は
半年先まで予約いっぱいだという美のカリスマ。

トータルビューティサロン HIGUCHI hills
東京・新宿区神楽坂

体験するのは、バービー。


1日5分!疲れた肌を癒すマッサージ

顔の筋肉は頭の筋肉とつながっているので、
顔のシワやたるみのケアには首から上全体を
ほぐすことが大切とのこと。

放置するとかたくなるので
ほぐして癒します。



【頭皮のマッサージのやり方】

ポイントはカチューシャゾーンとい呼ばれる側頭筋と
ザビエルゾーンと呼ばれる前頭筋。

頭皮の筋肉のコリをほぐすことで
顔の血流アップの効果も期待できます。

①頭皮 (カチューシャゾーン)のマッサージ
指の腹を耳の上にあてて、
ゆっくり円を描きながらほぐず
耳の前から後ろにポイントを
ずらしながら30秒間マッサージする

頭皮のマッサージ

スポンサードリンク



②頭頂部(ザビエルゾーン)のマッサージ
指の腹で頭皮をはがすイメージで、
髪の毛がジャッジャッと音をたてる力加減で
30秒間マッサージする

頭皮マッサージ

さらにこの時、頭皮に化粧水をつけながら行うと
保湿効果もありさらに効果的。

家にあるものや安価なものでOK。



【目元のマッサージのやり方】

目元はシワやたるみが目立つ場所。

目のまわりを囲うようについている眼輪筋を
ほぐして血流を良くすれば、
目元のシワやたるみの改善だけでなく
デカ目効果も期待できるとのこと。

1.親指を眉間の内側に当てて、
少し力を入れて押し上げてそのまま5秒間キープ。
5秒×3~10回行います。

目元のマッサージ

2.3本指を揃えてまぶたを引き上げる。
これを眉間から眉尻までマッサージします。

5秒×3~10回行います。

目元のマッサージ



【頬のマッサージのやり方】

表情を作る筋肉が集まる頬をしっかりほぐせば、
フェイスラインやほうれい線のケアにも効果が
期待できるそうです。

1.手のひらの根元で頬づえをつく
耳に向かってゆっくり頬を押し上げる

1日3分間を目安に繰り返します。

頬のマッサージ



全て行ってもたった5分。
テレビを見ながらでもいいので、
毎日続けることが肝心。

あきらめなければ結果が出ます!と
樋口賢介さん。



動画がありましたので紹介します。

【側頭筋マッサージのやり方】



【クマ取り&ハリマッサージのやり方】



【むくみをとって若見えマッサージのやり方】

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ