【ゲンキの時間】しょうがココア、豆乳はちみつココアのレシピ!チョコなどおすすめ嗜好品

生姜はちみつ湯

2017年9月10日放送の「健康カプセル!ゲンキの時間」は
「~賢く摂って健康増進!~見直さなきゃ損『嗜好品』」。

スポンサードリンク

嗜好品外来

お菓子やお酒など、健康とは
縁遠そうなイメージのある嗜好品。

ところがそんな嗜好品を医師が薦める
専門の外来「嗜好品外来」があります。

およそ2年前、日本で初めて
戸田中央総合病院で開設されました。

血圧やコレステロールが少し高いが、
薬を飲むほどではないというような人に、
生活習慣病の予防のために嗜好品を使って
楽しみながら健康増進を目指してもらおうというもの。

嗜好品は本来、栄養摂取を目的とせず、
味、におい、刺激などを楽しむ食品や食料のこと。

最近、一部の嗜好品が
健康増進につながることがわかったのです。

こちらの外来ではおもに高血圧や動脈硬化の予防・改善を
目的に嗜好品を勧めています。

まずは問診票に運動などの生活習慣や、
普段よく食べる食材などを詳細に記入。

血液検査と動脈の硬さなどを調べる検査を行い、
血管年齢を算出します。

場合によっては心電図や頸動脈エコー、
脳のMRIなどの検査を行う事もあります。

そして検査結果からそれぞれの患者に合った
おススメの嗜好品を紹介してくれます。

特に血圧やLDLが高めの方にはおすすめ。
ただ、血圧の数値が140~160hg以上になると
対象外になる場合もあるとのことです。



チョコレート

血圧が高めの方におススメの嗜好品が
チョコレート。

しかしチョコレートの中でも、
ダークチョコレートが条件です。

市販のチョコレートはカカオマスに
砂糖やミルクで味付けをしていて、
カカオマスの割合は30~40%が一般的。

ダークチョコレートは
カカオの含有量が高いチョコレートで
カカオポリフェノールを多く含んでいます。



通院歴1年半の岡田さんは、もともと血圧が高めで
植えは150~160ぐらいでした。
チョコレートをすすめられ、
カカオマス70%以上の物を
毎日20~25g摂取しているとのこと。

ほかの間食を控えるようになり、今では血圧は
上が127、下が67まで下がったそうです。

3年前、カカオポリフェノールの効果を検証する
大規模な実証試験が愛知県蒲郡市で行われました。

参加者347人がカカオマス70%以上のチョコレートを
毎日25g摂取し、それ以外は普段通りに生活。

4週間後の健康状態を調べました。
すると高血圧の人は大きく数値が下がり、
正常値の人はほとんど差がないという結果だったとのこと。

その理由はカカオポリフェノールには、
血管壁をやわらかくする一酸化窒素NOを
活性化させる働きがあるため血圧が安定すると推察。

さらに実験では、動脈硬化の予防につながる
善玉コレステロールを増やす働きが全員で上がったそうです。

これにより、血管内の炎症を抑えて
動脈硬化のリスクを低下させることも期待されます。

摂取の目安は、カカオの含有量が
70%以上のものを1日に20~30gです。



ココア

さらにポリフェノールを効率的に摂れる飲み物が
ココアです。

ココアの効果を高める効果的な飲み方を紹介!

スポンサードリンク

【ショウガココアの作り方】

『材料』
ピュアココア→5g
(砂糖がはいっていないもの)

お湯→200ml

しょうが→小さじ1(約5g)

1.ピュアココア5gをお湯200mlで溶く。

2.皮ごとすりおろしたショウガ約5g
(チューブの場合は約7.5g)

ショウガに含まれるショウガオールという
辛味成分には血液サラサラ効果があり、
ココアのカカオポリフェノールとの相乗効果で
血管拡張作用があるため、
継続すると血管がしなやかになります。

ただ、ちょっと甘みが足りないようです。

そんな方におすすめなのが豆乳はちみつココアがおすすめ。


【豆乳はちみつココアのレシピ】

『材料』
ピュアココア→5g
(砂糖がはいっていないもの)

お湯→10ml

豆乳→120ml

はちみつ→小さじ2

『作り方』
1.ピュアココア5gを10mlのお湯で溶く。

2.豆乳120mlを温め①に加える。

3.②はちみつを混ぜたらできあがり。

豆乳に含まれるイソフラボン、
ハチミツに含まれるケルセチンは
ともに血管をしなやかにする効果があるため、
血圧が気になる方にはおススメです。

※はちみつは、ケルセチンなどのポリフェノールの宝庫で、
吸収が早くすぐに脳のエネルギーになるため
朝の摂取は効果的とのこと。

ただし、はちみつは1歳未満の乳児には食べさせない。



その他の嗜好品

嗜好品外来では他にもすすめている物があります。

クルミ

クルミは、青魚が苦手な方や
摂る機会が少ない方におススメ。

クルミに多く含まれるαリノレン酸は、
体内に入るとおよそ15%が
DHAやEPAなどのオメガ3脂肪酸に変化します。

EPAは血中の血小板が固まるのを防ぐため
血栓を予防する働きがあり、
DHAは毛細血管内での赤血球の流れを
スムーズにする働きがあると言われています。




緑茶

緑茶を1日4~5杯飲む人は、
それ以下の人に比べると脳卒中や心筋梗塞になるリスクが
抑えられるというデータがあります。

これはお茶に含まれるポリフェノール、
カテキンが血圧を上昇させる酵素の働きを
抑えるためだと考えられています。

カテキンを多く抽出するには
90℃以上の熱めのお湯で淹れるのがポイントです。

また粉茶にして茶葉ごと飲めば、
より多くのカテキンが摂取できます。



嗜好品のおすすめの摂取目安

嗜好品外来で薦めているものの
1日の摂取量目安は次の通りです。

ダークチョコレート→20~30g
クルミなどのナッツ類→30g
赤ワイン→1~2杯
緑茶→4~5杯

ただし、基本はバランスの良い食生活とのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ