【この差って何ですか?】薄いおしっこと濃いおしっこの差!尿の色で病気がわかる

トイレ、頻尿

2017年9月12日放送の「この差って何ですか?」の中の
朝起きて「顔がむくんでいる時」と「むくんでいない時」の差。

「薄いおしっこ」と「濃いおしっこ」の差や
尿の色でわかることを紹介!

スポンサードリンク

「薄いおしっこ」と「濃いおしっこ」の差

東京女子医科大学 東医療センター
泌尿器科の巴ひかる教授に解説してもらいます。

口から入った水分は胃を通り腸で吸収された後、
実は血液の中に入ります。

そして全身を流れた血液は腎臓で濾過されて
不要な水分や老廃物などがおしっことして排泄されます。

おしっこの色の差は”水分量が多い”か どうか。

たくさん水分を飲んだときは薄くなりますし
運動して汗をかいて水分補給しない場合には濃くなります。

水分量が多いと薄く水分量が少ないと濃い。
薄いから健康、濃いから疲れ気味というわけではない。

また、風邪をひいた時におしっこが黄色くなるのは
薬などに含まれるビタミンの色素が出ているだけ。


おしっこの色

おしっこは血液からできているので
健康情報の宝庫となっています。

【ほぼ透明なおしっこ】
糖尿病の可能性あり。

スポンサードリンク

糖尿病は血液の中で糖が多くなっているため、
糖の濃度をさげるため体全体から水分を集める。

そのため喉が渇き、知らないうちに
水分を多く摂っているため、
透明なおしっこになることが多い。



【茶褐色のおしっこ】
肝臓の病気の可能性あり。
肝臓が悪くなると黄疸ができますが、
その原因はビリルビンが増える事にあります。

茶褐色のおしっこは
ビリルビンが尿の中にでている状態とのこと。


【ピンクのおしっこ】

これは血尿で
原因の多くは痛みがある尿管結石など。

しかし、本当に怖いのは痛みがない時。
ガンの可能性があり、
「腎臓のガン」「尿管のガン」
「膀胱のガン」も考えられます。

ガンの腫瘍そのものから血が出ているので
痛みを感じないとのこと。


【おしっこの泡】
おしっこの泡が消えないとタンパクが混ざっている
タンパク尿の可能性あります。
だいたい10秒以上、泡が消えない場合です。

タンパクが混ざっていると
泡が消えにくくなります。

10秒以上泡が消えないとタンパクが
漏れてる可能性があります。

通常、タンパクは腎臓を通り抜けることはないが、
腎臓の機能が損なわれているとタンパクが
通り抜けて尿に混ざることもあります。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ