【あさイチ】残った日焼け止めクリームの判断チェック長持ちさせるコツ!

水着、女性、お尻

2017年9月13日放送の「あさイチ」の「女のニュース」は
どうする?残った日焼け止め

残った日焼け止めの判断チェックや
日焼け止めを長持ちさせるコツを紹介!

スポンサードリンク

どうする?残った日焼け止め

雨が多かった今年の夏。
その影響は日焼け止めにも。

「あさイチ」取材班が街ゆく50人に
調査したところなんと全員が
今年買った日焼け止めを使いきれていない
という事がわかりました。

そこで、残った日焼け止めを
どうするつもりか聞いてみると
50人中30人が残った日焼け止めを
来年の夏にも使用するとの答え。

でも、日焼け止めって
いつまで使えるんでしょうか。

実は、大半の日焼け止めには
使用期限が表示されていません。

メーカーによると使用期限は
未開封の状態では3年。

では、開封後は
いつまで使えるのでしょうか。

薬や化粧品の品質変化に詳しい
専門家、大谷道輝さんに尋ねてみました。

だいたい1年以内(ワンシーズン)には
使ってもらいたいとのこと。

手の細菌が移ってしまうことがあるため。



細菌のチェック

そこで「あさイチ」スタッフからかき集めた
古い日焼け止めに細菌が繁殖しているかを
調べてもらいました。
古いもので5年ぐらいのものが出てきました。

調べてもらった結果、
細菌はありませんでした。

今回は大丈夫でしたが、
容器の口の先に菌が繁殖していたり
することがあるので使うときには
注意してくださいとのこと。


スポンサードリンク



酸化にも注意

しかし、細菌以外に
もう1つリスクがあるというのです。
そのリスクとは、酸化。

空気に触れると
油と同じように酸化します。

日焼け止めが酸化すると
皮膚を刺激する成分が増え
肌がかぶれてしまう
おそれがあるとのこと。





残った日焼け止めの判断チェック

【残った日焼け止めの判断チェックポイント】
・ニオイや色の変化
・分離していたらNG

この2点が当てはまらない場合

・腕や脚などに少量ぬってパッチテストをする
問題がなければ、
皮膚の薄い顔や首筋を避けて使用とのことです。



日焼け止めを長持ちさせるコツ

・ふたや口の部分はなるべく手で触らない

・使用したらティッシュなどでふき取ってから
ふたを閉める

・直射日光や高温多湿を避けて保管する

ちなみに冷蔵庫で保存するのは
冷たい状態で保存する状態で作っていないので
おすすめしないとのこと。

分離してしまうおそれがあるので
常温がいいそうです。



【日焼け止め購入時の目安】
顔や首、腕に日焼け止めを塗ると、
1回あたり3グラム程度なので、
自分の使用量を逆算して購入するとよいとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ