【ソレダメ】顔と声の老化を防止するトレーニング!誤嚥性肺炎を防ぐ

口・歯・口臭

2017年9月13日放送の「ソレダメ!
~あなたの常識は非常識!?~」
の中の「顔と声の老化を防止するトレーニング!」。

スポンサードリンク

誤嚥性肺炎

声の老化の原因は
唇や舌の筋肉の衰えで、そこから肺炎などを
引き起こす可能性もあります。

日本人の死亡原因第3位の肺炎。

声の老化が声帯に影響を与え、
通常はピッタリ閉じる声帯が
閉じなくなってしまう。

すると食道に送られる食べ物が気管に入り、
誤嚥性肺炎を引き起こしてしまいます。

そこで5つの筋肉を鍛え、顔や声の老化を
ストップする方法を紹介。

デヴィ夫人と伊藤一朗さんが体験。


顔と声の老化を防止するトレーニング

浜崎あゆみさんやDREAMS COME TRUEの
バックコーラスを務めた増村エミコさんが、
トレーニング方法を伝授。

唇の筋肉の老化をチェックする方法

30cm先のろうそくの火を
“プ”の言葉で消す

唇の筋肉を使って火を消します。

ろうそくの火が消えなければ
唇の筋肉や呼吸機能の衰えがあります。


唇と舌のトレーニング

「パパがかったパンツたかかった」 
これを繰り返します。

誤嚥を防ぎ、肺炎の予防にも
効果があるといわれる口の体操。

パは唇の運動、タは舌の前方、カは舌の後方の
トレーニングになります。

早口言葉ではないのでゆっくり丁寧に
10回繰り返す。

1日に10回を3セット行うとよい。



遠吠えトレーニング

1.四つん這いになる。

2.顔を少し上げながらオオカミ(ウォォ~)のように
吠える。

※喉が開き声が通るようになります

1日10回を目安に行います。



頬と首のトレーニング

ここからは宝田歯科の宝田恭子院長に、
頬と首のトレーニングを教わります。

スポンサードリンク




たるみ切った顔も
たった2週間で若返らせることができる
といいます。


口周りの老化チェック

唇を閉じて肩の力を抜いて
口の中を観察します。

この時の舌先はどこにあるか
確認します。

ベストなボジションは上の前歯の裏側。

舌先の位置が下がっていると
口周りの筋肉が衰えているので、
顔の老化を促進させてしまいます。



サンドイッチトレーニング

顔のたるみを防ぐ頬のトレーニング。

親指を奥歯まで入れ、
親指の腹で頬の内側を
上から下にマッサージする。

頬の一番高い場所をマッサージ

少しずつ親指を移動させ、
8回にわけてさすります。

左右各3セットずつ行います。

下から上にさすると、
目尻のシワの原因になるので。
上から下に移動させます。

※続けないと元に戻ってしまうそうです。



ご飯を食べる時に顔や首のシワを増やさない方法

前かがみで食べると首のシワの
原因になってしまいます。

手を合わせて指先を顎の下に当てます。

そうすることで自然に背筋が伸び、
前かがみを改善できます。

食べている時に猫背になりがちな人は、
かかとを上げるときれいな姿勢になります

それは化粧の時も同じで
化粧するときは目線と同じ高さに
鏡を置きましょう。


この日のソレダメの記事↓
【ソレダメ】安い松茸で高級松茸ご飯にする方法!

【ソレダメ】甘くなるやきいもの作り方!さつまいもby浜内千波

【ソレダメ】農家直伝!いももちのレシピ!新じゃがのメークインで

【ソレダメ】プロ直伝!さんまの煮湯のレシピ

【ソレダメ】顔と声の老化を防止するトレーニング!誤嚥性肺炎を防ぐ

【ソレダメ】5秒腹筋のやり方!松井薫

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ