【ズムサタ】進化した絵本!ケチャップマンなど大人向けの絵本も!絵本男子も人気

親と子供、絵本

2017年9月16日放送の「ズームイン!!サタデー」の中の
ズムサタいち押し!最新 絵本の世界 大特集!

今絵本の世界は変化を遂げています。

絵本が進化

昭和の時代からロングセラーとなっている絵本、
はらぺこあおむしとおおきなかぶ。

しかし、この絵本が発売されたころとは違い、
今、絵本の世界は変化を遂げています。

2015年から、絵本の売り上げは近年、
まれに見るほど増加を続けています。

2015年には、発売から半年で
75万部以上も売り上げた大ヒット絵本も
登場しました。

それが「おやすみ、ロジャー」。

【おやすみ、ロジャー】

表紙には「魔法のぐっすり絵本」とあります。

実はこの本、子どもの寝つきをよくするため
描かれた絵本で、リラクゼーションを目的とした、

心理学のテクニックに基づいて作られています。

子どもの寝つきがよくなったという声も多く聞かれ、
大ヒットしました。

しかけ絵本の世界

えっ?本当?
と、思わず言ってしまうしかけ絵本の世界。

【きょうのおやつは】

2014年に発売された、
「きょうのおやつは」という絵本。

中を見ると、下側のページにはホットケーキのイラスト。
上側はちょっと変わった銀色のページになっています。

銀色のページを起こすと、絵が反射して、
ホットケーキにシロップをかける、
立体的な姿が現れます。

これは鏡の絵本と呼ばれる
しかけ絵本の一種なのです。


【おおきなかぶ】

ロングセラーの「おおきなかぶ」が
しかけ絵本として進化。

縦30センチ、横20センチの絵本を広げると
なんと縦2メートル5センチ、
横59センチの巨大なかぶが描かれた絵本に。

この1枚にストーリーがすべて書かれて、
かぶから葉っぱのほうへ読み進むことができます

大きくなったのにはちゃんと意味があります。

今までの「おおきなかぶ」だと
先生の読み聞かせを座って楽しんでいる子どもたち。

でも、巨大な絵本を使うと。
子どもたちが興味深々で寄ってきます。

触ったり、たたいたり、
おおきなかぶは、読み聞かせの楽しみに加え、
体験して楽しめる絵本にも進化しています。

大人向けの絵本

大人向けの絵本も次々と発表されているそうです

東京・神保町にあるブックハウスカフェは
およそ1万冊の絵本があり、
大人向けの絵本も多く扱うという
絵本専門店です。



絵本コーディネーターの東條知美さんに
おすすめの本を紹介してもらいます。

絵本コーディネーターとは、
絵本の読み聞かせや講演会などのイベントを通して、
人と絵本をつなぐエキスパート。

東條さんによると、大人向けの絵本の売れ筋は、
大きく2つに分けられるといいます。

1つ目が共感系絵本。

【なつみはなんにでもなれる】
例えば、絵本「なつみはなんにでもなれる」は、
ヨシタケシンスケさんという
一番注目されている絵本作家さんの絵本。

スポンサードリンク

子どもが家でやることに
ママから共感を集めているそうです。

この絵本に登場するなつみちゃんは、
お母さんに構ってほしくて、
いろいろなクイズを出し続ける女の子。

想像力も駆使します。


【ケチャップマン】
2つ目が脱ほんわか系絵本。

今、ほんわかしたものだけが絵本じゃない。

怖いにも程があるとか、
本気でおもしろいといった絵本が、
最近の傾向としてどんどん出ているとのことです。

ケチャップが
トマトを選んでる表紙。

この絵本はケチャップマンが
自分探しをする物語。

シュールでせつない絵とストーリーが、
SNSでじわじわ話題となり、
今は復刻版が登場するほどの人気。



お笑いの有名人の絵本

そのほかにも、大人向け絵本は、
お笑いの有名人も出版。
【しちふくじん】

落語家の立川志の輔さんは、
少年と七福神のすったもんだを描いた
しちふくじんを出しています。



【ガムのようせい】
漫才コンビ、笑い飯は、
シュールな笑いを詰め込んだ、
ガムのようせいを出しています。



臨場感のある読み聞かせ

フレーベル館では
さまざまな読み聞かせイベントを
開催しています。

のぞいてみると
子供たちはみんなそれぞれ
クッションの上にすわっています。

読み聞かせている本は「ねこざかなのたまご」

猫と魚が合体したねこざかなが主人公の絵本。

【ねこざかなのたまご】

海のシーンになると小道具を使って
波の音を出すなど物語に合わせて音を出し
臨場感を高めています。

そして波の効果音に合わせて
クッションが振動。

そのほかにも様々な効果音に合わせて
クッションを振動させて
臨場感を高めています。



絵本男子

やって来たのは神奈川県川崎市。

こちらはインターネット上で
イケメンが絵本を読み聞かせる
サービスなどを行う会社(グランドクロス)です。

こちらの運営する無料のサイトには、
さまざまな職種のイケメンが30人以上在籍。

好みの絵本男子を選んで、ぽちっとすると。
「なおきです。
きょうはダンスアースを読みたいと思います。
~」

好みの男子が、絵本を読み聞かせしてくれます。
中には4万回を超える動画再生回数を誇る男子も。

取締役の堀川さんによると
「お子さんに楽しんでもらいたいというのもあるんですけど
育児で疲れてらっしゃるお母さん方もいらっしゃるので、
お母さんを癒したいっていう気持ちもあります。」

舞台役者をやっている松田浩毅(ひろき)さん。

普段はTOONBOYSというメンズアイドルグループで
活動している風見優斗さん。

認可保育園で園長をやっている大竹さん
などがいたのでした。






絵本男子

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ