【シューイチ/まじっすか】レア専門書店!ねこに特化したにゃんこ堂&鳥海書房

猫の舌

2017年9月17日放送の「シューイチ」の「まじっすか」。

超レア本続出!まじっすか本屋さん 第4弾!

ねこに特化した姉川書房のにゃんこ堂&
動物と植物に特化した鳥海書房の紹介!

スポンサードリンク

動物と植物に特化した古書店「鳥海書房」

1軒目は鳥海書房。
動物と植物に特化した古書店になります。

鳥海さんが店主の鳥海書房は、
神保町でも珍しい動植物の専門本屋さん。

例えば、海外から日本に迷い込んできた
ちょうだけが載っている図鑑や、
野鳥の巣と卵に特化したマニアックな本など、
店内にはおよそ5000冊もの専門的な本が
並んでいるのです。

そんなお店で人気の本を教えてもらいます

【月刊むし】

虫だけに特化した本。

こちらの月刊むしは、
46年前から毎月発売されている人気の雑誌。

子どもたちに大人気のクワガタから、
マニアックなカメムシまで、
毎月必ず1つの虫にスポットを当て、
紹介しているのです。



【猛獣もし戦わば】

猛獣もし戦わば (広済堂文庫―ヒューマン・セレクト)

地上最強の動物、
やるかやられるか。

一番、誰でも思うのが、
ライオンとトラはどっちが強い?

ちなみにこの戦い、本には
ほぼ互角と書かれています。

ほかにもヒョウ対ゴリラや、
カバ対クロサイなど、
本来戦うことのない動物たちが、
専門的なデータをもとに、
架空のバトルを繰り広げているのです。


【虫の味】

さらに虫に関するこんな本も。

食糧難のときに備えて知っておきたい、
さまざまな虫の味について紹介した一冊。



姉川書店のにゃんこ堂

姉川書店は、600種2000冊もの
猫の本を取り扱う書店。

帽子をかぶった猫ばかりを集めた写真集や、
温泉地の看板猫を集めた本。

さらには、ちょい悪な猫グッズまで。
まさに店内は、猫だらけ。

4年前に猫に切り替えたおかげで、
お客さんはどんどん増えてきました。

実は猫の本屋さんに切り替えようと
アイデアを出したのは、猫大好きな娘さん。

【ねこのおてて】

猫の手だけに特化したパーツ本。

スポンサードリンク

パーツばかりを集めた猫本は
増えていて、人気が結構高いとのこと。

手以外だと舌。
さらに、猫の鼻だけを集めた写真や、
ぷにぷに肉球が載った本までさまざま。

【ねこの肉球】



【ねこ検定公式ガイドブック】

続いては姉川書店も制作に携わった、
ねこ検定公式ガイドブック。

ねこ検定 公式ガイドBOOK (廣済堂ベストムック 346号)

猫の生態や飼育に関する耳寄り情報が、
クイズ形式で楽しめます。



【飛び猫】

お勧めなのが、飛んでいる猫の瞬間を
捉えた人気写真集。

飛び猫の著者、五十嵐さんに
どうやって撮ったのか聞きました。

これ一冊作るのに
4年ぐらい撮りためたそうです。

一番時間かかったのが、
船から船にジャンプしている写真。
1週間近く粘って撮ったのだそうです。



調査報告。
専門の本屋さんは、とてもマニアックですが、
どれも興味深い本ばかりでした。

今回は動植物の専門本屋さんと
猫本だらけの本屋さんに行ってきましたが、
ほかにもおもしろい本があったそうです。

【ネコライオン】

同じネコ科のライオンと猫を
同じポーズで撮ったユニークな写真集。

【ねこヨガ】

番組で紹介されたわけではないのですが、
気になった本

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ