【あさイチ】3秒で魚の臭みを取る方法&ふっくら鮭の塩焼きのレシピ!魚の切り身ワザ

鮭の塩焼き

2017年9月19日放送の「 あさイチ」で「スゴ技Q」は
こんなにあった!「魚の切り身」ワザ

ここでは3秒で魚の臭みを取る方法&
ふっくらジューシー鮭の塩焼きのレシピを紹介!

スポンサードリンク

魚の伝道師・上田勝彦さん

今が旬の秋ザケを使って
しっとりふわふわの塩焼きを教えてくれるのは
元漁師、元水産庁職員という経験を生かし
魚食の普及にいそしむ魚の伝道師・上田勝彦さんこと
ウエカツさん。





魚のおいしさを最大限引き出すためには
まず生臭いにおいを取るための下処理が重要とのこと。


切り身の生臭さを取る方法

魚の切り身の臭みを取る方法は、
とても簡単!

流水で3秒洗い流すことです。

魚の臭いの元は「トリメチルアミン」という
水に溶けやすい物質で
3秒水で洗い流すだけで臭いは落ちるとのこと。

【3秒で臭みを取る方法】

1.流水で3秒洗う。

2.ペーパータオルで水けをしっかりと
拭き取る。

スポンサードリンク

※この方法でだいたいどんな切り身も
臭みが取れるそうです。


魚の切り身のしっとりフワフワ塩焼き

極上の塩焼きは、塩のあて方ですべてが決まるそうです。

その名も二段塩!

【ふっくらジューシー鮭の塩焼きのレシピ】

『材料』

魚の切り身

『作り方』
1.流水で3秒洗い、その後しっかりと水気をふき取る。

2.少し濡らした手に塩をひとつまみつけてから、
切り身全体に薄く塗りつけなじませる。(1度目)

3.5分程度置く。

4.指先に軽く塩を付け、はじくようにして
切り身の表面にまんべんなく塩をあてる。(2度目)

※塩を2回に分けることでしっかり塩がしみこみ
身全体の保水性が増します。

そのため焼いたときにぱさつかず
しっとりとした食感に。

5.フライパンに油をひき中火で熱し、
皮目を10秒焼く。
1割焼いたら裏返し、身の方を7割程度焼く。

再度裏返し表面を2割焼いて、
最後に皮目をパリッとさせたらできあがり。

表1割、裏7割、表2割の割合で焼きます。

※この焼き方で臭みが出にくくなるとのことです。


この日の切り身ワザ↓
【あさイチ】切り身魚の冷蔵(紙塩)、冷凍保存方法!ひと手間でワンランクアップ

【あさイチ】パリパリ!サケ皮卵かけごはんのレシピ!

【あさイチ】おにぎり屋直伝!ふっくら鮭フレーク&サケマヨネーズのレシピ!

【あさイチ】5分でできるサバの煮つけのレシピ!魚の切り身ワザ

【あさイチ】3秒で魚の臭みを取る方法&フワフワ塩焼きのレシピ!魚の切り身ワザ

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ