【めざましテレビ/ココ調】大人にも絵本が人気!しろくまのパンツ、ルピナスさんほか

親と子供、絵本

2017年9月20日放送の「めざましテレビ」の「ココ調」は。
絵本で泣く大人が続出!ハマる理由を徹底調査!

スポンサードリンク

子供に人気の絵本

全国本の売り上げベスト3(8月)

全国の本の売上トップ3を児童書が独占。

【1位:おしりたんてい いせきからのSOS】

1位はシリーズ累計170万部を突破している
おしりたんていの最新作です。


【2位:続ざんねんないきもの事典 おもしろい!進化の不思議 】




【3位:ざんねんないきもの事典 おもしろい!進化のふしぎ 】

実は、不況の出版業界にあって
絵本の売上はここ数年、右肩上がり
なのだそうです。

一体、なぜなのか?
絵本専門雑誌の編集部に聞くと
大人の人がすごくたくさん絵本を
読むようになって、
自分のために絵本を買う人も
増えているのだそうです。

人気絵本作家・のぶみさん

愛知県岡崎市にある地域交流センター
六ツ美分館・悠紀の里では、
絵本のイベントが行われていました。

この日行われていたのは、
話題の絵本作家・のぶみさんによる
絵本の読み聞かせイベント。

のぶみさんはシリーズ累計60万部と
絵本業界では異例の大ヒットとなっている
「ママがおばけになっちゃった」の作者。

【ママがおばけになっちゃった! 】



【このママにきーめた!】

先月発売された「このママにきーめた!」は、
発売3週間で8万部を突破。

スポンサードリンク



のぶみさんの絵本で涙するママたち。
その理由は「共感できる」ことにあるようです。

のぶみさんは、昔の絵本みたいに
絵本らしく描かないで
リアルな言葉でかいています。



大人にも人気の絵本

一方、平日の夜、都内にある
ビルの1室で行われていたのは
大人による大人のための読み聞かせイベント
「よみきかせナイト」。

全国各地で、月2、3回程度開かれていて、
毎回30人ほどの絵本好きの大人が参加。

皆さんで持ちよったおすすめめの絵本を
朗読しているそうです。

【おこらせるくん】



【まほうの夏本】

東京で暮らす兄弟が
田舎の大自然でおもいっきり遊ぶ
夏休みの出来事を描いた作品です。

大人が絵本にハマる理由

①未知の体験
②癒やし
③作品の奥深さ



では今、大人に人気なのはどんな絵本なのか?
東京港区にある児童書専門店「クレヨンハウス」
を訪ねると平日なのに、
お客さんもたくさんいました。

この店では、赤ちゃん向けから
長年愛されるベストセラーまで
およそ5万冊の絵本を取り揃えています。



そこで、大人に人気の絵本ベスト3を紹介。
(クレヨンハウス調べ)

【3位:サンカクさん】

三角形のキャラが目を引く
「サンカクさん」。

サンカクさんがシカクさんにいたずらをするため
旅に出るというお話。

特徴は、絵本では珍しい、関西弁で書かれた文章。
大人もクスッと笑えるユーモアが人気とのこと。


【2位:ルピナスさん ~小さなおばあさんのお話~】

世の中を美しくするために生きた
1人の女性の人生を水彩絵の具と色鉛筆を使って
独特な画法で描いた絵本。

温かな気持ちになれると、女性に人気の1冊です。




【1位:しろくまのパンツ( tupera tupera )】

パンツを無くしたしろくまが
ねずみと一緒にパンツを探していくお話。

実は、帯がパンツというだけでなく、
中身もパンツの柄を切った仕掛け絵本に
なっています。

幅広い世代の方に人気とのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ