【ビビット】和田明日香の味付きゆで卵&温泉卵の作り方

温泉卵

2017年9月21日放送の「ビビット」の
「ちょっと気になる調査団」。

和田明日香さんの
味付きゆで卵&温泉卵の作り方を紹介!

スポンサードリンク

味付きゆで卵

コンビニで売られているゆで卵
殻付きなのに味付き なぜ?という疑問。

味付きゆで卵を作っている会社によると
卵の殻には気孔と呼ばれる目に見えない
小さな穴がたくさん開いているので
この穴から塩水を中に染み込ませて
塩味を付けているそうです。

しかし作り方は企業秘密とのこと。

そこで塩味のついた殻付きゆで卵の作り方を
和田明日香さんが紹介。

【味付きゆで卵の作り方】

『材料』(4個分)

生卵→ 4個

塩→ 大さじ7

水→ 500CC


スポンサードリンク



『作り方』
1.卵を常温に戻す。

2.鍋に水を入れ①の卵を入れ
火をつける。

2.お湯が沸騰してから
9~10分ゆでる。

3.卵をゆでている間い食塩水をつくる
保存容器に水と塩を入れ、
塩水を作り塩を溶かす。

※水の中で塩が溶けず少し溶け残る程度。

4.②のゆでた卵を熱いまま
③の塩水に浸ける。

5.④を冷蔵庫で一晩寝かせればできあがり!


冷たくて濃い塩水の中に熱々の卵を入れることで、
殻の表面の小さな穴から塩味がしみこんで
味付きゆで卵が出来るそうです。



【簡単温泉たまごの作り方】

『材料』(4個分)

生卵→お好みの量

『作り方』
1.沸騰したお湯にたまごをそっと入れる。

2.すぐに火を止めて、そのまま10分置く。

3.卵を一度冷水に取り、
器に割り入れればできあがり!



よろしければこちらもどうぞ↓
NHK【ごごナマ】嫁姑まとまる丼のレシピ!温泉卵&煮卵の作り方もby和田明日香

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ