【忍24時】早出しのお店&営業時間が短いお店!

餃子

2017年9月21日放送の「忍24時」で「 史上最強不眠不休SP
坂上忍ガチ挑戦!東京23区を24時間で回れるのか?」


ここでは早出しのお店&
営業時間が短いお店の紹介!

スポンサードリンク

すぐ出てくる早出しのお店

提供速度にこだわる早出しの店があります。

【ブルドック】

大井町の「ブルドック」のハンバーグ定食
は4段重ねで880円。

しかも、ハンバーグ定食を注文すると
たったの12秒で出て来きます。





お店:ブルドック
住所:東京都品川区東大井5-4-13



【路地裏(ろじうら)】

『注文してから8秒でランチが出てくる尾店』

港区にある路地裏の看板メニュー
「激辛牛すじ煮込み定食」(800円)
ご飯が止まらなくなる一品。

注文から提供まで
9秒で提供されました。

牛すじ担当、サラダ担当、スープ担当、ごはん担当
4方向から料理を提供するX出しという仕組みがあり、
4方向から提供すると動線がぶつからないのだそうです。




お店:路地裏
住所:東京都港区港南2-2-4



【だし茶漬け えん】

『注文してから3秒で茶漬けが出てくるお店』

新宿区のデパート内にある「だし茶漬け えん」の
ダシ茶漬けは全10種類あり、
どれを選んでも3秒で提供されます。

お店の人がお客さんが券売機で
何を購入するか見ているためでした。




お店:だし茶漬け えん
住所:東京都新宿区西新宿1-1-5 ルミネ新宿LUMINE1 B2F


スポンサードリンク

【亀戸餃子 本店】

『驚異0秒で餃子が出てくる店』

亀戸餃子は行列の出る人気店。
1日2万個出るという餃子は1皿250円。

注文から0秒で出てきます。

メニューが餃子しかないから早い。
ごはんもなし。

さらに餃子は開店前に蒸してあるので
焼き時間も1分52秒で済みます。




お店:亀戸餃子 本店
住所:東京都江東区亀戸5-3-4



売り切れが早いお店

【ムーンボウ(moonbow)】

『開店から45分で売り切れるお店。』

メニューはチキンカレー・チャイのみですが
仕込みに時間が膨大なかかるため1日18人分しか作れない。

7種類のスパイスを使ってルーのベース作りを行い
玉ねぎを長時間炒め5時間かけます。



お店:ムーンボウ(moonbow)
住所:東京都渋谷区代々木2-30-4 ヨシダペアランドB 102


【中央亭】

『開店20分で売り切れるお店』

静岡県沼津市の中央亭は
地元で人気の餃子専門店。

開店30分前に行列が出来上がり、
その客に注文を聞いていました。

午前11時に開店すると
26席が一気に埋まります。

20分後、暖簾をしまいはじめたのです。

こちらのお店は餃子の皮が焼きあがると
熱湯を投入し4分間煮て餃子を作ります。

中央亭の餃子は皮から全て手作りで
作り置きしないため
大量生産ができないとのこと。




【福佐家】

『開店前に売り切れになってしまうお店』

清澄白河にある創業90年の福佐家のメニューは
あさり丼のみ。(1100円)

店内は4名席のテーブルが2つ。
開店時間は12時。

開店前にお客さんが入店するとテーブルで
待ってもらうため
開店10分前には8名の席が埋まってしまう。

そして、8名分のあさり丼を提供したら
店を閉めてしまう。

取材当日は開店3分前でで閉店してしまっていました。

店主が納得したあさりが8人分(800g)しか
入荷できなかったそうです。




お店:福佐家
住所:東京都江東区三好2-11-4

スポンサードリンク

One Response to “【忍24時】早出しのお店&営業時間が短いお店!”

  1. テレビ見た より:

    昨日のテレビを見て大井町ブルドックに行ってきた。しかし、ハンバーグは三段で単品が880円。ライス付けると1130円。ライス、味噌汁、漬物で1280円。早い提供が売りのはずがテレビで紹介されて混んでたからか10分ぐらい待たされた。料理提供の際に「危ないので早く食べてください」と言われた。倒れたら危ないと言う話しだろうが。だったら積むなと。積んであるのを降ろせばゆっくり食べてもいいだろと思った。

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ