【ヒルナンデス/東海道五十三次】勢川の豊橋カレーうどんやレモンかしわ餅

おいしいうどん

2017年9月22日放送の「ヒルナンデス 」の
「東海道 レッツ 五十三次 新名物探し」。

レモンかしわ餅や
勢川の豊橋カレーうどん
などの紹介!

スポンサードリンク

東海道レッツ五十三次

江戸時代、日本橋から京都・三条大橋を結んだ東海道。

その53の宿場では、数々の名物が生み出されていきました

どんなグルメやスポットがあるのか?

ニッチェとたんぽぽがガチで今の東海道を旅する企画!



白須賀宿~二川宿~吉田宿

静岡県・白須賀宿に到着。
さらに30分自転車を漕ぐと、
愛知県・豊橋市に到着。

【レモンかしわ餅】

商家・駒屋へ。
豊橋市の指定有形文化財として
伝えられている貴重な建物。

ここでレモンかしわ餅が売られています。

ここでしか売られていないそうです。

豊橋市の河合果樹園の
新鮮なレモンと柏餅をコラボした商品。

地元の老舗和菓子屋の中川屋が作るレモンかしわ餅は
地元、河合果樹園のレモンを皮ごと使用した特製白あんと
モチモチの生地を合わせた地産地消の一品。。

二川宿に到着。

スポンサードリンク



次の目的地は吉田城がある吉田宿。

道中にはカレーうどんで有名な街があるとのこと。



【勢川 二川店
の豊橋カレーうどん】

のんぽいパークを超え勢川へ。

豊橋カレーうどんを注文。
並(830円)を注文したのですが、
かなり大きかったのでした。

味の決め手になるのは
特製のカレースパイスだという。

器の底にご飯・とろろを盛り、その上に
自家製うどんを乗せた後、
カレースープを上からかけて作られています。

とろろご飯はカレーと一緒に
リゾット風でいただけます。

ニッチェらがいただきました。
とてもマイルドでクリーミーとのこと。


お店:勢川 二川店
住所:愛知県豊橋市東高田町774



【ザ・アミーゴ】

道中で手ぶらバーベキュー店の
ザ・アミーゴを見かけます。

店にいくと外国人スタッフが
出迎えてくれたのでした。

豊橋は自動車関連の工場が多く、
工場に努める外国人が多いとのこと。

そんな外国人向けに作られた
多国籍スーパーマーケット。

店内では海外のスパイスや
お肉が販売されています。

中でも、コラソン(ハツ)がオススメとのこと。

店の隣には購入したお肉をその場で焼ける
バーベキュー場(使用料700円)があったのでした。

道具は全て借りられるので
手ぶらで楽しめます。


お店:The Amigos 岩屋店
住所:愛知県豊橋市岩屋町29-50

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ