【サタデープラス】幕の内食べでダイエット!運動ゼロで秋太り防ぐ!by島野雄実

プロの弁当

2017年9月23日放送の「サタデープラス」の
「くらしプラス」。
運動ゼロで秋太りを防ぐ!名医の習慣スペシャル

島野雄実ドクターおすすめの幕の内食べを紹介!

スポンサードリンク

島野雄実ドクター

北海道・苫小牧の「北星クリニック」は
ダイエットの駆け込み寺と話題に。
12キロ減量に成功した人や7キロ減量した人が。

運動を増やすことなく、9割の人が痩せたとのこと。

北星クリニックは全国でも珍しい
肥満治療を行うクリニック。

治療といっても投薬や外科的治療はなしで
健康保険の適用も可能。

島野雄実先生もー20キロの減量に
成功しているダイエットの名医。

島野雄実先生は
まず考え直すべきは食習慣だと語ります。

島野さんの診察では、体重と血圧をチェック。

島野先生は食事カウンセリングが治療の軸。

ヘルスプロモーションで朝昼晩の食事を記録してもらい、
その内容をチェック。

やせるための食事法を
アドバイスしているのです。

やせるだけでなく体質改善もできるのが
島野先生の治療。

そこで島野雄実先生に、
運動を増やさず痩せる食事法を
教えていただきました。

スポンサードリンク



幕の内食べ

ドクターが推奨する「幕の内食べ」とは
幕の内弁当のように、たくさんの種類のおかずを
少しずつ食べるという食事法です。



【①大皿ではなく小皿に盛ること】
同じ大きさの肉でも
小皿に盛った方が大きく見え、
見た目の満足度も高くなります。

小皿にすると片付けが面倒という方には
仕切りのついたプレートがおすすめです。
1つの皿で数種類のおかずを

盛り付けることができます。


【②1食で、おかず5~6皿を目安にすること】
島野先生の1日の食事を見てみると、
おかずは23種類食べていました。

それでも摂取カロリー2220kcal。

1日の食事の総カロリーは
年齢別の一般男性の推奨カロリーより
低めをキープしています。

幕の内食べは品数を増やすことで
食べた満足感はあっても
摂取カロリーは低いのが特徴。


【③カロリーが低い和食メニューを中心にすること】
基本はカロリーが低い
和食メニューを中心にしますが
タンパク源やエネルギー源となる
肉類や揚げ物は入ってもOK。

ただ、食べる量は小皿1皿分に抑えます。



糖質ダイエットなど
様々なダイエット法があるが
続けられないものが多いから
最終的にはリバウンドしてしまう。

例えば炭水化物を抜くと
抑うつ状態やうつ病のリスクに
つながる可能性もあるという報告も。



「バランス良く食べて、
継続的かつ健康的に痩せる」というのが
島野先生推奨する幕の内食べなのです。



この日放送の生銅鑼焼についてはこちら↓
【サタデープラス】行列のできる京都 朧屋瑞雲堂の生銅鑼焼(生どら焼き)!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ