【あさイチ】玉どめだけでできる刺しゅうのやり方!ちょこっと手芸

玉止め刺繍

2017年9月25日放送の「あさイチ」は
「この秋おすすめ “ちょこっと手芸”」。

ここでは玉どめだけでできる「刺しゅう」の方法を紹介!

スポンサードリンク

手芸が人気

手芸が今はやっているそうです。

東京・調布市で開催された
初心者に優しい刺しゅうのワークショップ。

その名も刺しゅうカフェ。

先生が基本のステッチから教えてくれて、
道具がなくても参加できます。

布には予め下絵がプリントされているので、
なぞるだけでいいのです。

下絵の図案は刺しゅう映えするように
イラストレーターが特別にデザインしたもの。

だから初心者でもそれっぽく見えます。

うれしいのは下絵は全部刺しゅうしなくても
大丈夫。

途中で挫折しても絵になります。


そして究極ともいえる簡単刺しゅうがあります。
玉どめさえできればいいのです。

この玉どめ刺しゅうを考えたのは大阪にある、
老舗糸メーカーの若社長、横田宗樹さんです。

より簡単でかわいくできるものを、
と思い考えついたそうです。



簡単な「玉どめ」でかわいい模様を作る方法

玉止め刺繍

スポンサードリンク

【玉どめ刺しゅうのやり方】

『材料』
手縫い糸
(番組では家庭糸(細口)を4本取りで使用)

ハンカチなどの刺しゅうする布

チャコペン

『縫い方』
1.ハンカチや布巾に
好みの図柄(円やアルファベット)をチャコペンで描く

2.糸の色を選ぶ 
※3色がおすすめ。そのうち1色はアクセントになる
目立つ色を選ぶと全体がまとまっておしゃれにみえる。

3.縫う前に指の腹で糸のヨリを直す。
※これだけの手間で糸が絡みにくくなるそうです。

4.針に2回糸を巻き付け、糸を通したら
もう一度玉の根元に針を刺す。
これで玉が浮き上がらずに布にくっつきます。

玉止め刺繍1


玉止め刺繍2

5.糸は切らずに進行方向に
再び玉どめを繰り返していく。

途中好きなところで色を変えればできあがり!



ほかにも、タオルの縁に巻きつけるように縫ったり、
上履きにクロスのステッチをつけるだけで可愛くなると
紹介していました。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ