【たけしの家庭の医学】内臓脂肪を減らす海藻はアカモク(ギバサ)!

わかめ、海藻

2017年9月26日放送の「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で
「内臓脂肪を減らす(秘)海藻&ご長寿ホルモン」。

ここではの内臓脂肪を減らす
アカモク(ギバサ)について紹介!

スポンサードリンク

内臓脂肪を減らす海藻はアカモク

内臓脂肪が増えると、高血圧・高血糖を引き起こし、
動脈硬化が加速。
脳梗塞や心筋梗塞など、命に関わる病を
引き起こす可能性があります。

しかし、食べるだけで内臓脂肪を減らしてくれる
海藻があるといいます。

肥満体型のマウスの内臓脂肪に、
内臓脂肪を減らす海藻に含まれる成分を
4週間投与したところ、
内臓脂肪が半分以下に減少。

さらにロシア自然科学アカデミーの研究では、
平均体重90kg以上のロシア人女性55人に、
その海藻に含まれる成分を
16週間摂取してもらったところ、
体重が平均で約7kg、内臓脂肪を含む脂肪の量が
約11%低下したとのことです。

東京医科大学病院の小田原雅人先生によると
その海藻はアカモク。



内臓脂肪を減らす効果のある
フコキサンチンという成分が含まれています。

フコキサンチンはワカメや昆布などにも
ある程度含まれていますが、
アカモクにはワカメの倍以上の
フコキサンチンが含まれているとのこと。

岩手・下閉伊郡の山田町。
近年、山田町ではアカモクの生産量が
飛躍的に増加しているそうです。

スポンサードリンク

アカモクとは、推進2~10mの海底に生える海藻。
日本列島の沿岸地域に広く生息しています。

旬の時期は3月~5月で、
この季節以外は収穫できない。

そのため、アカモクは冷凍保存して
少しずつ加工しながら、年間を通じて出荷されます。

アカモクは湯通しして細かく刻むと、
独特の粘り気が出てきます。

アカモクの加工品は、地元だけでなく
首都圏の一部スーパーなどでも販売。

健康効果が話題となり、
近年は生産量が増えているとのこと。


アカモクの食べ方

内臓脂肪を減らすアカモクは
どのように食べられているのか。

昔からアカモクを食べてきた秋田県沿岸部。

秋田県ではアカモクをギバサと呼び、
一年を通して食べられています。

アカモクをよく食べている人の内臓脂肪は、
本当に少ないのかを調査。

ベルト式の内臓脂肪測定器を使い、
スーパーを訪れた人の内臓脂肪を測定。

メタボの診断基準である100平方cm未満なら
クリアとします。

調査の結果、アカモクをよく食べるという
9名中6名が基準を下回ったのでした。

アカモクの食べ方を調査。

ある女性はうどんにアサリとワカメ、
アカモクをたっぷり乗せて食べていました。

残ったアカモクにはめんつゆをかけて混ぜ、
ご飯にかけて食べていました。

また、湯通ししたアカモクを包丁でたたいてから
味噌汁に入れたり、
冷奴やマグロ刺身の上にのせたり、
うどんなどにのせて食べている人も。

アカモクは、細かく刻むと
栄養素の吸収率が上がります。

秋田県沿岸部では、
様々な食材にのせたりかけたりすることで、
手間をかけずにアカモクを食べていたのでした。



この日のたけしの家庭の医学の記事↓
【たけしの家庭の医学】名医の肩こり解消法!肩すとん&ブーケトスストレッチ

【たけしの家庭の医学】認知症予防に脳内物質NGFを増やすタオルマッサージ!

【たけしの家庭の医学】内臓脂肪を減らす海藻はアカモク(ギバサ)!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ