【主治医が見つかる診療所】DJ KOOに脳動脈瘤が発覚し手術!芸能人人間ドッグ

医者

2017年9月26日放送の「主治医が見つかる診療所」で
「芸能人人間ドッグスペシャル 第18弾」。

全身病気だらけ、
さらに脳動脈瘤といわれたDJ KOOさん
について紹介!

スポンサードリンク

DJ KOO

TRFのリーダーとしてDJやラップを担当。

プライベートでは高校3年の娘を持つ
お父さんでもあるDJ KOOさんは
20年前に比べ体重は15kg増えてしまったといいます。

前回の出演で暴飲暴食を指摘され、
改善したということで
その食生活を姫野先生が検証。


バリで家族で夏休み中の朝食。
健康に気を遣ってナシゴレン、グアバジュースなど。

「炭水化物とタンパク質を一緒にとると
血糖値の急上昇を防げる」という
前回教わった方法も実践。

帰国後のある日のおやつ。
以前はチョコレートケーキなど
甘いものばかり食べていましたが
奥さんの提案でおやつは自家製ジュース。

巨峰・マスカット・サクランボ・桃・トマト
・ニンジンを混ぜていました。

姫野先生によると野菜にも実は糖質が入っていて、
しかも甘い果物をたくさんいれているので
血糖値を上げてしまう。
しかも、果糖は脂肪肝になりやすいといいます。

ある日の夕食。
前回のアドバイスを受け、
オメガ3の多い油を使った料理。

北京ダックやスープやサラダ。
北京ダックにはエゴマオイルなどを
かけて食べていました。

さらに夕食後は筋トレもはじめていました。



DJ KOOの診断結果

食生活を改善し、運動も始めていた
DJ KOOさんの診断結果。

今回見つかった病気は
『全身病気だらけ』

全ての問題の根源は体重。
20年前から15㎏増加。

へそ周りや中性脂肪で基準値がオーバー。
これによって全身にさまざまな病気を
引き起こしていました。

【DJ KOOの問題①LH比】
コレステロールのLH比の
望ましい数値は2.0以下

DJ KOOさんは
3.5と基準値を大幅超え。
将来心筋梗塞で突然死のおそれ。


【DJ KOOの問題②尿酸値】
男性の基準値は3.8~7.0
DJKOOさんは10.3でした。

スポンサードリンク

痛風につながる尿酸値も
基準値を大幅超え。


【DJ KOOの問題①】

大腸カメラ検査では
約5mmのポリープが見つかりました。

切除して精密検査するとポリープの悪性度は、
要注意の3でした。
将来がん化する可能性も。



DJ KOOさんの今後の対策

過去の暴飲暴食の結果、太りすぎにあるので
減量する
いい食生活を継続する
2~3年に1度大腸検査
フルーツジュースを控える



脳動脈瘤でくも膜下出血の危険

今回の深刻度ランキングを発表を終えたが、
上山医師はさらに、DJ KOOさんの
脳にも問題が見つかったといいます。

「くも膜下出血の危険」と発表されました。

くも膜下出血とは脳の血管が
風船のように膨らんでできるコブ、脳動脈瘤が、
なんらかの拍子に破裂し出血し、
脳に大きなダメージを与える病気。

ひとたび発症すると激しい頭痛に襲われ
半身まひや言語障害、最悪の場合
命を失うことも。

J KOOさんも実は慢性的な頭痛持ちといい、
脳動脈瘤は頭痛持ちに多いともいわれています。

そして脳のMRA検査を受け、
脳動脈瘤が見つかったのでした。

脳動脈瘤は5mm以上になると
破裂のリスクが増加するといわれています。
DJ KOOさんの脳動脈瘤は8mmぐらいで
かなり大きい。

場所も悪く、視神経を圧迫し
失明する可能性もあるとのこと。

脳動脈瘤が三叉神経に触れると
頭痛を起こす可能性があり、
DJ KOOの頻繁な頭痛もそれと考えられます。

しかし、上山先生によると
今は動脈瘤は治せる時代。

先生は治療すべきといいます。

家族と相談した結果、
DJKOOさんは手術を決断。

上山先生の病院で脳動脈瘤の手術を行い
成功しました!


スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ