【林先生が驚く初耳学】キラキラネームと低い学力は関係がある!

勉強、仕事

2017年9月24日放送の「林先生が驚く初耳学」は
「常識を覆す今度の教育」

キラキラネームと低い学力の関係について
林先生が解説!

スポンサードリンク

キラキラネームと低い学力

2000年代に入ってから目立つようになったのが
子供の名前に珍しい名前をつけるキラキラネーム。

キラキラネームとは
漢字を見ただけでは分からない名前や
音の響きに漢字を強引に当てはめた
個性的な名前のこと。

2000年代に入って目立つようになり
今ではすっかり定着。

そして近年キラキラネームには
ある変化が起きているそうです。

例えば、創夢は「はじめ」といいます。

以前は、はーもにー(葉萌仁)やびおら(美音楽)など
音に合わせて漢字を選ぶことが多かったが

ここ数年は読めないような漢字を
当てはめることが多くなってきています。

しかし、珍しいキラキラネームは受験で差別を受けたり
いじめの原因になったりするデメリットがあります。

最近では名付け親に責任があるとして
非難されることも増えてきました。

先生によるとまだキラキラネーム
という言葉がなかったころ
模試などの順位リストを上から目を通すと
途中から下になると名前が読めなくなったり、

今年の東大合格者の名前を全部名簿にして
番組プロデューサーが見た時。

見終わった瞬間に
「全員名前が読めますね」といったそうです。

先生は、点数と名前には
相関性があると感じているようです

キラキラネームの子供には責任はなく
固有名詞という意味をあまり考えていない
親がいる、といいます

親が名前の本当の役割を理解しているのか?
がポイント。

固有名詞の役割を理解した上で命名するべきだと
林先生は話します

林先生の解説。

命名=分節

ある集団を区切る時に名前をつけます

スポンサードリンク

例えば”動物””植物”…
名前をつけると区切られます

“動物”を区切ると”哺乳類”に
“哺乳類”を区切ると”犬”に
“”
“犬”を区切ると”ポメラニアン”に

ポメラニアンを区切ると林先生の実家の”ぽんちゃん”に。
“”
最後に出てくるのが固有名詞となります。

「ぽんちゃん」と言われても知らない人は「誰も
イメージできません。

つまり固有名詞は意味を持たない。

固有名詞はある一つのものを特定して
指示する機能ををもちます

バッと見たとき特定できない、
指示ができないような名前を付けることが
はたして固有名詞の本来の在り方に即しているのか?
と、林先生はいいます。

またキラキラネームが医療現場では
取り違えの危険性が増したり
名前が読めないことで
現場が混乱している実情が訴えられたり
しているそうです。

固有名詞の役割を理解したうえで命名するべき!
と林先生はいいます。

「キラキラしすぎるのはだめだけど
個性のある名前にしたいという親の気持ちは分かる」と
アンミカさん。
「親の思いを込めるというのは悪いことではないですよね」と
澤部さん

すると林先生は
「メジャーリーグで日本人が誰一人できなかったことを
メジャーの中でもトップで成し遂げた人はなんていいます?
鈴木一朗ですよ!
銀行の記入の見本例にありそうな名前ですよ。
でもやっていることはこの上なく個性的じゃないですか?
名前で個性を表現しなくてもいいんじゃない?」
といったのでした。

名前は最も大切なのは読めて指示ができること
親が思いを込めるのはその上で考えるべき

とのことでした。



幼児期の英語教育についてはこちら↓
【林先生の初耳学】幼児期の英語教育は不要!0歳~10歳の幼児教育にお金をかける

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ