【ガッテン】股関節腰痛にパカパカ体操、おしりフリフリ、四股スクワットのやり方!

腰痛

2017年9月27日放送の「ガッテン」は
「腰痛改善の新たな一手!珍体操で劇的改善SP」。

股関節腰痛にパカパカ体操、おしりフリフリ体操、
四股スクワットのやり方を紹介!

スポンサードリンク

股関節腰痛

これまで何度も取り上げてきた「腰痛」。

いろいろ試しても良くならないという人は、
もしかして“股関節腰痛”かもしれません。

股関節とは上半身と下半身のつなぎ目にあり
体重を支えてくれる関節。

そしてこの場所の不具合で生じる腰痛が
股関節腰痛です。

特徴としては
・あぐらがかけない
・立ったまま靴下がはけない
・階段が辛い
・立ち上がりにくい
など



“股関節腰痛”かチェックする四つんばいチェック法

1.四つん這いになる。

2.ゆっくりとお尻を後ろに下げたり、
戻したりする。

この時、背筋が伸びた状態でお尻をスッと
下げることができる人は、
股関節をなめらかに使えています。

逆に、腰や背中が丸まって猫背になる人は、
股関節をうまく使えていない可能性あります。

この“猫背タイプ”の人は、正常な人に比べ、
およそ2倍の負荷がかかっていることが
わかっています。

立っている時に猫背でなくても、
このチェックで猫背になっている人は
要注意です。



カンタン股関節体操のやり方

“股関節腰痛”を改善させたり予防したりするには、
なめらかに動く股関節を保つことが大切。

股関節には23もの筋肉があり、
中でも深層筋はサボりがちな筋肉。

深層筋をちゃんと働かせることが
大切です。

股関節の専門家で神奈川リハビリテーション病院院長の
杉山肇先生に股関節体操を3つ教えていただきます。


【パカパカ体操のやり方】

1.楽な姿勢でいすに腰かける。

2.肩幅くらいに足を開き、
つま先を正面に向ける。

3.ひざをゆっくり開いたり
閉じたりを繰り返す。

ポイントは“力を抜いてリズム良くやること”。

無理に足を開けなくてもo.k。

自分が楽だと思う範囲、
スピードで動かすことが大切です。

1日10回×2セットが目安。

スポンサードリンク



【おしりフリフリ体操のやり方】

1.立った状態で、足を肩幅より少し広めに開く。

2.つま先は正面から少し外側に向ける。

3.骨盤を左右に揺らすようにゆっくり動かす。

ポイントは、顔の位置を動かしたり、
体をねじったりしないこと。

骨盤の少し下に両手を当てて、
股関節が動いていることを確認しながらやると良い。

1日10回×2セットを目安に。




【四股(しこ)スクワットのやり方】

1.肩幅より少し広めに足を開く。
このとき、つま先は斜め前を向くようにします。

2.背筋を伸ばしながら体をやや前に傾け、
お尻を突き出すように腰をゆっくり落としていく。

1日10回2セットが目安。

※少し負荷が強い運動なので、
やってみて痛みが出た場合は、速やかに中止してください。



パカパカ体操は変形性股関節症のリハビリにも

実はパカパカ体操は変形性股関節症のリハビリ現場でも
取り入れられているそうです。

実際にこうしたリハビリによって病気から回復したのが山田さんは
去年の冬から股関節の痛みに苦しみ歩くのも困難でした。

山田さんは病院で勧められたパカパカ体操を
最初は半信半疑のまま続けました。

続けること半年、
股関節の痛みがうそのように消えていったそうです。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ