【ソレダメ】口臭予防に昆布菓子!歯磨きは起床後に

口・歯・口臭

2017年9月27日放送の「ソレダメ! ~あなたの常識は非常識!?~」
「~凄い!お酢パワー&パラパラvsしっとり!チャーハン対決SP~」。

ここでは知らないとソレダメ!口臭予防の新常識について

スポンサードリンク

口臭予防の新常識

口臭予防には起床後に歯磨き

歯磨きで口臭予防に効果的なタイミングは
起床後の歯磨き。

就寝中は唾液分泌が減少し
口の中の細菌が活発になっています。

起床後の歯磨きで活発になった細菌を流すことで
口臭予防にります。

食後は口の中が最も唾液で潤う時間なので
朝食後に歯磨きをしてしまうと
口臭の予防ともなる唾液を洗い流してしまう。



スマホが口臭の原因に

実は唾液には洗浄殺菌抗菌など
口臭を抑える大事な働きがあるのですが…。

顔を下に向けていることで
うつむいた姿勢を続けるため
唾液腺が圧迫され唾液が出にくくなってしまう。

その結果、口臭が発生しやすくなるのです。



マウスウォッシュはノンアルコールを

歯みがきをした後、口臭予防として
マウスウォッシュをする人も
多いのではないでしょうか?

市販のマウスウォッシュは大きくわけて
アルコール入りとノンアルコールに分かれます。

口臭予防におすすめなのは
ノンアルコールのマウスウオッシュ。

アルコール成分入りマウスウオッシュは
殺菌力を高め、虫歯や歯周病予防に
効果的。
しかし、口の中を乾燥させ唾液分泌を
抑制させてしまう。

口臭予防という意味ではノンアルコールタイプの
マウスウォッシュがオススメです。

スポンサードリンク



舌磨きは専用ブラシで

歯磨きついでに舌の汚れを磨くのはダメ。

舌の表面の舌苔は
古い細胞や食べかすに細菌が繁殖してできたのもので、
これが口臭の原因。

無理にゴシゴシ取ろうとすると
舌を傷つけ細菌が増殖し、
口臭を悪化させる原因になってしまう。

舌磨きは舌専用のブラシなどで
表面を優しく撫でるだけで十分。

舌専用の歯ブラシを使いましょう。



口臭予防に効果的な食べ物

問題「タブレット菓子より口臭予防に効果的で
コンビニで気軽に買えるものとは何?」。

正解は「昆布菓子」。

タブレット菓子はミントの香りがするので
口臭が消えたような気になりますが
臭いを覆い隠しているだけで
根本的な改善としての効果はないといわれています。

昆布にはアルギン酸と葉緑素という
口臭解消の2つの成分が含まれています。

アルギン酸は食物繊維の一種で
昆布のヌメヌメ部分に含まれていて、
唾液の分泌を促す効果があります。
また、葉緑素には殺菌作用、消臭作用があり
口臭予防にはうってつけ。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ