【あさイチ】秋こそダニに注意!布団やソファーのダニ対策

掃除機

2017年9月28日放送の「あさイチ」で
「秋こそダニにご用心! 」がとりあげられました。

秋はダニの死骸やフンが増える季節。

布団やじゅうたん、ソファーのダニ対策について紹介!

スポンサードリンク

秋こそダニにご用心

鼻水やせき、めのかゆみなどのアレルギー症状。
実は秋に発症したり、悪化する人が多いそうです。

その原因のひとつが、布団や布ソファ、
じゅうたんなどにひそむ「チリダニ」。

人の体に入り様々な症状を引き起こす
やっかいもの。

東京アレルギー・呼吸器疾患研究所の
白井秀治さんによると、
秋はダニの繁殖は収まりますが、
梅雨から夏にかけて増えたダニが死んで、
死骸やフンが1年で最も多くなる季節とのこと。

ダニは高温多湿な環境を好み、
梅雨から夏にかけて大繁殖。

しかし寿命は3か月程度。

涼しくなる秋には死んで大量の
死骸とフンを残してていきます。

生きているチリダニの大きさはおよそ0.3mm
一方死骸のかけらは乾燥してさらに小さくなります。
フンにいたっては0.01㎜。

生きているダニは死骸に比べ大きいので
気管支の末梢まで行くことはない。

しかし、死骸やフンは小さい粒子なので
気管支の抹消まで届き
発作を引き起こすそうです。


スポンサードリンク



秋のダニ対策

お子さんのせきに悩んでいるあるお宅を訪れ、
布団にダニの糞がどれほどついているかを調査。

鑑定すると2000匹以上はダニがいることが分かりました!

【布団の秋のダニ対策】

・丸洗いしてフン死骸を洗い流す
死骸やダニは水溶性のため、水に溶けて流れます。

・丸洗いできないものは掃除機で吸い取る
1平方メートルあたり、およそ20秒間
布団専用のノズルを使うと、布団の生地を吸い込まず
死骸やダニを吸い取ることができます。
 
専用ノズルがない場合、お持ちのノズルにストッキングを
かければ代用できます。



またしまっておいた冬用の布団には
大量のダニやフンが付いている可能性があるので、
換気した状態で一度掃除機をかけて
使った方が良いとのことです。


ダニの死骸やフンが多いのが、
じゅたん、クッション・座布団など。



【じゅうたん、畳、布製ソファ、座布団・クッション、ぬいぐるみなどの秋のダニ対策】

・掃除機で吸い取る
1平方メートルあたり、およそ20秒間

※掃除機をかけるタイミング
使用してから1時間後にかける

ダニの死骸やフンは非常に小さいので、
じゅうたんの上を歩きまわってる間や
子どもがソファの上で遊んでいる間は、
空中を浮遊しています。

しかし、1時間たつと下に舞い落ちるので
この時が、掃除機をかける絶好のタイミングです。

また空気清浄機もオススメとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ