【スッキリ】ファミレスも低糖質メニューに参戦!ジョリーパスタやガストほか

ビュッフェ、バイキング、食べ放題

2017年9月28日放送の「スッキリ!!」

外食チェーン店に続々登場!
進化する低糖質メニュー。

ジョリーパスタやガスト、ファースト
キッチン・ウェンディーズの低糖質メニューを紹介!

スポンサードリンク

低糖質メニューを取り入れる外食チェーン

炭水化物から食物繊維を除いた「糖質」は
過剰に摂取した場合肥満の原因となる
おそれがあります。

最近は低糖質メニューを取り入れる
外食チェーンが増えてきています。

くら寿司ではシャリのかわりに大根の酢漬けを使った
糖質88%オフの「シャリ野菜」

リンガーハットでは麺なしで
糖質60%の「野菜たっぷり食べるスープ」

松屋では定食からプラス50円で
ご飯を糖質94パーセントオフの湯豆腐に
変えるサービスを実施しています。



ファミレスの低糖質メニュー

彦麻呂さんと岩本アナがファミレスの
低糖質メニューを徹底チェック。


ジョリーパスタ

ジョリーパスタの低糖質メニュー
「パストラミビーフとあわび茸のトマトソース」
「4種チーズの濃厚クリームソース」。

パスタといえば1食(約250g)あたり
糖質67gと高い糖質で知られるメニューですが、
ジョリーパスタではほうれん草をベースにした
独自の配合の麺を1年かけて開発。

もちもちとした食感はそのままに
糖質を約50%に抑えました。

「パストラミビーフとあわび茸のトマトソース」は
トマトの酸味とジューシーな肉の食感。



「4種チーズの濃厚クリームソース」は
チーズは低糖質ということで
モッツァレラやチェダー、グラナパダーノに
エグモントをたっぷり使い、
満足感を得てもらうため
あえてしっかりした味付けの
ソースにしているそうです。



ファーストキッチン・ウェンディーズ

ファストフード店、ファーストキッチン・ウェンディーズも
今年8月低糖質競争に参戦。

糖質の多いバンズの代わりに、
肉で具材を挟んだワイルド☆ロック(650円)、
糖質は4.6kgと低糖質。

タルタルソースも
満足感がしっかりと得られる味付けながら
糖質は約1.3g(20gあたり)と意外と低い。

さまざまな工夫により
ウェンディーズダブルバーガーより
糖質85%カットを実現。




ガスト

ガストも低糖質メニューに参戦。
ガストではプラス100円で
糖質控えめの麺が注文出来ます。

また、糖質の控えた麺で提供できるメニューもあります。

ほうれん草麺を使った
「糖質控えめ・海老と野菜のさっぱりサラダ麺」(699円)は
約44%糖質カットに成功。

食べごたえと食感を徹底研究し、試行錯誤により
太さ1.3mmが一番美味しい太さだという結論に。

スタジオにはガストの
「糖質控えめ・バニラアイスケーキ」(299円)
が登場して、試食していました。

糖質は5.1gで通常の4分の1ぐらいとのことです。



どれも低糖質とは思えないぐらい
おいしいとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ