【組み合わせハナタカ】みそ汁にヨーグルト、古いお米にハチミツ、豆腐に塩水ほか

おみそ汁

2017年9月28日放送の「日本人の3割しか知らないこと
くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館 」の中の
「組み合わせハナタカ」を紹介!

スポンサードリンク

組み合わせハナタカ

「茶碗蒸し+マイタケ」で固まらないことや
「沸騰した水+サラダ油」で吹きこぼれない
「すき焼き+キウイ」で肉が柔らかくなるなど、
組み合わせハナタカを紹介!



【みそ汁にヨーグルトでおいしい】
みそ汁にヨーグルトを加えると、
味が良くなる。

同じ発酵食品でも動物性と植物性
違ううまみが美味しさを引き立てるのだそうです。



【ホウレン草は砂糖でまろやか】
ホウレン草は砂糖と一緒に茹でると
美味しくなる。
砂糖が苦みをまろやかにしアク取りにも
効果的なんだそうです。



【ゆでたまごは塩分吸収の妨げに】
ホウレン草はゆでたまごと一緒に食べると
鉄分の吸収が良くない。
実は卵は茹でると硫化水素が発生して
鉄分の吸収を邪魔します。



【コーラとソフトキャンディーで噴射】
ペットボトルのコーラに
ソフトキャンディを入れると
激しく泡が噴き出します。

スポンサードリンク

これはソフトキャンディの表面にある
小さい凸凹が溶けている二酸化炭素が
刺激され泡立ちます。


【古いお米にハチミツでふっくら】
古いお米にハチミツを混ぜて炊くと、
新米のように美味しく仕上がる。

ハチミツの酵素がお米の甘みをより引き立て、
さらに保水力でふっくらとした
炊き上がりになります。



【納豆に砂糖でよりネバネバ】
納豆に砂糖を加えるとネバネバが増える。
保水力が粘り気を増やす。

逆にお箸についたネバネバを取りたいときは
味噌汁の中に入れると塩分でネバネバ成分が取れます。



【チョコレートは血圧上昇を抑える】
塩分の高い料理を取る際に、
チョコレートを一緒に取ると、
血圧上昇が抑えられる。

カカオに含まれるポリフェノールには
血流を良くする作用があります。

食べるチョコレートは
カカオ70%以上のものが良い。



【シイタケを冷凍で美味しさアップ】
シイタケを冷凍保存するとより美味しくなる。

冷凍することでしいたけの水分が凍ります。
それが膨張することでしいたけの細胞壁が壊れ
うま味成分が分泌されます。



【豆腐に塩水で崩れにくくなる】
柔らかい豆腐を崩れにくくする時は、
塩水につければ良い。

塩水につけることで浸透圧で豆腐の中の水分が抜け
引き締まり崩れにくくなます。

味もしょっぱくなりません。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ