【ぴったんこカン・カン】IKKOの若返りマッサージとメイク術!プライマリー&二重まぶたグッズ

メイク術

2017年9月29日放送の「ぴったんこカン・カン」の
「阿川佐和子・清水ミチコ・森山良子
もっと若返っちゃおう!ツアー。」

IKKOさんの若返りマッサージと
メイク術を紹介!

スポンサードリンク

IKKOさんの若返りマッサージ

阿川佐和子さんはまぶたのたるみや
視力低下などが気になっているそうです。

清水ミチコさん、森山良子さんも同じとのこと。

そんなお悩みをIKkOさんが解決してくれます。

まぶたが下がるのは筋肉が少しずつ衰えて
支えきれなくなるのと
コラーゲンが減っていくため。

まずはマッサージでむくみを取り、
筋肉を柔らかくなると、
その後に行う基礎化粧も入ってくるとのこと。

【顔のむくみに効くマッサージ】

顔のむくみをとり
コラーゲンを分泌するマッサージ。

1.手をグーにし、親指の第一関節のあたりを使い、
小鼻の上あたりの頬をもみほぐす。

ikkoマッサージ

ikkoマッサージ

2.老廃物を押し流すように頬骨の下を通り
耳の付け根まで引き上げ、
そのまま下に流し、耳の下もほぐす。

ikkoマッサージ

3.最後は首を通って
鎖骨の下まで流していく。

ikkoマッサージ



【まぶたのたるみに効くマッサージ】

眉毛の真ん中あたりの眼球の上の部分を
つまむようにマッサージする。

ikkoマッサージ


IKKO流若返りメイク術!

1.化粧水は手に取り、両手によくなじませて
叩くのではなく、手のひらで押し込むように付ける。

手の平もキレイになっていくそうです。


2.クリームは小じわができやすい部分、
目元と口元を集中的に
押し込むように付ける。

※頬骨の下からしっかり引き上げるように
マッサージしながらつける。

ikko化粧法



3.次にプライマーを使う。

IKKOさんおすすすめのプライマー↓

プライマーは気になる毛穴の
凹凸を平らにする化粧品。

顔全体に使う必要はなく、
気になるところだけに使えばよい。
(頬骨やほうれい線など)

プライマーを塗るだけで肌が平らになり、
BBクリームやファンデーションが
塗りやすくなるとのこと。



4.パウダリーファンデーション
をつける。

気になる部分に先にパウダリーファンデーション
をつける。


5.ウォータークッションファンデーション
をブラシで顔全体に付ける。

ウォータークッションファンデーションは
しっとり感満載の美容液成分が入っている注目の化粧品。

スポンサードリンク

(4種類ぐらい写っていましたが
そのうちの1つ↓)

ハケで顔全体につけ
最後に手で馴染ませる。

何回塗っても厚くならないのが特徴です。


6.頬骨より少し上にチークを入れ
斜め上方向に広がるように入れる。

ぼかしてあげる事が重要。


7.二重まぶた形成化粧品を
目頭から2~3mmほど上の部分にぬり、
まつげの生え際までを塗りつぶします。

(IKKOさんが使っていたもの↓)



(ピンクの部分を塗ります↓)
二重まぶた

ミニ扇風機で乾かす。
乾かさないとよれてしまうそうです。

乾いたら、髪の毛を止めるのに使用するUピンのUの部分で、
まぶたを軽く押し込むようにして整える。

本来の二重のラインより上にラインができるので、
まぶたのたるんだ部分が奥に入り、
自然でかつ若々しい目元になるそうです。


8.年を取るとまつげが細くなったり本数が減るので、
さらにナチュラルなつけまつげをつけるといいそうです。




こちらもよろしければどうぞ↓

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ